3度の飯よりクルマが好き!

日産・モコドルチェってどんなクルマ?ノーマルとの比較

ドルチェ

日産が販売している軽トールワゴン・Moco(モコ)は、スズキ・MRワゴンのOEMを受け販売されています。この車の特徴とは何なのでしょうか?

モコの特徴

千鳥格子柄のシートの採用、ディスプレイ付CD一体AM/FMラジオの使いやすいディスプレイ、豊富な収納スペースは女性ユーザーの事を強く意識して作られています。

2013年のマイナーチェンジ時に追加されたドルチェは、上質感を求める女性をターゲットにしています。

ここではドルチェに的を絞って、モコとの違い・特徴を見て行きましょう。

ドルチェの違いと特徴

外装の違いは?

専用のフロントメッキグリル・LEDポジショニングランプ・バイキセノンヘッドランプを採用していて、モコは可愛らしい感じですが、ドルチェは凛々しく見えます。

機能面の違いはLEDポジショニングランプとヘッドランプがあるだけで、モコとの違いは他にはありません。更にドルチェのGグレードにはデザインの違う15インチアルミホイールが採用されています。

ボディカラーはミステリアスバイオレットとシルキーシルバーが専用色として選択が可能です。その代わりフォレストアクアとフィズブルーが選択出来なくなっています。

モコ色比較

※左がシルキーシルバー 右がミステリアスバイオレット

以上が外装の違いです。

内装の違いは?

内装色がドルチェ専用のアイボリー/マルーンになります

ノーマルグレードで選べる千鳥格子柄のシートは選択出来ないので、内装の好みに合わせて通常のモコを選ぶか、ドルチェを選ぶかを決めましょう。

専用色と通常の内装色が選択出来た方が良かったと思うのは自分だけでしょうか・・・?

ドルチェ室内

後はシフトノブが本革巻きになるくらいですが、なんとも微妙な仕上がりです。ウレタン製のシフトノブよりはマシと言う所でしょうか。

収納スペースが豊富

小物の収納スペースが絶妙な位置に取り付けられています。

ここにあったら・・・ここに欲しい!そんなニーズに応えた形、配置になっているのです。

下の画像でその一部を紹介しますから参考にしてください。

ドルチェ収納

一部の紹介でしたが、多くの収納スペースがあります。あちこちに小物を入れていたらどこに入れたか分からなくなりそうです。

走行性の違い

Gグレードのみターボエンジン搭載で、ノーマルより高いパワーを期待できます。非力な軽自動車の走行性能を底上げしてくれるので、選んで損は無いでしょう。

燃費は30.0Km/L→27.0Km/Lと1割程下がりますが、実燃費の差は更に縮まります。

燃費に強いこだわりを持たないのであれば、Gグレードを選ぶ事をオススメします他の走行性に関しては変わりありません。

価格の違い

モコが119万~147万円に対し、ドルチェは138万~165万と20万円程の差が付きます。

装備全般と内装色で20万円の差です。可愛さと安さを取るか、凛々しさと装備・個性を取るか(後はターボエンジン)ですね。

私個人としては少しでも走行のストレスを感じない為にターボエンジン搭載のドルチェGグレードをオススメします。

最後に

モコでは満足できない、更なる上質感を求めた女性向けのドルチェ。

正直な所「上質感云々よりは個性を強調したグレード」と私は捉えています。性能はモコと同様で尖った部分が特にありませんが、それ故に癖がない扱いやすいクルマだと言う事でしょう。

残念ながら製造元であるスズキのMRワゴンが生産・販売を終了した為、販売が終了する恐れがあります。購入を検討している方は早めに行動する必要がありますが、焦って間違ったチョイスをしない様に注意しましょう。

スポンサーリンク