3度の飯よりクルマが好き!

車検時の車乗換えタイミングは3年と5年どっち?

key

車を所有して乗る人は、

  • 乗り潰す
  • 乗り換える

の2つの選択をしなくてはなりません。

乗り潰した方が経費面では間違いなくお得になってくるのですが、いつまでも同じ車に乗っているのはイヤだという方は、いくら経費がかからないといっても買い替えタイミングを迎えれば新車への乗り換えを検討します。

そこでそのタイミングの目安となってくるのが車検です。「車検がくるから買い換えようか」と考える方は多いことでしょう。

新車の場合、初回の車検が登録後の3年目、2回目の車検が5年目となってきます。車検費用を頭金にすることで車の購入がだいぶ楽になりますから、車検のタイミングで乗り換えを検討する方が多いのです。

ところで3年と5年とでは、どちらのタイミングで乗り換えた方がいいのでしょうか?

3年だと何だか早すぎる感じはしますし、5年だと査定価格に影響が出そうな気もするのでどちらがいいのか判断がつきません。

それでは3年と5年とではどちらの方が本当にお得なのかを検証していくことにしましょう。

車検時乗り換えは3年と5年どっちがお得?

車を車検ごとに乗り換えるのはお得なの?

いくら車検が乗り換えのいいタイミングになるといってもメリットがなければ仕方ありません。

他のタイミングを探した方がいいですものね。

車検ごとの乗り換えのメリットを検証していくことにしましょう。

新車から3年目で査定価格は大きく下落する!

そもそも車検とは何で受けなければならないのでしょうか?それは車が安全な走行ができる状態であるかどうかを確認するためです。

つまり、車検を迎える車はどこかに異常をきたしている可能性があるというわけなのです。車は様々な部品を組み合わせて造られた工業製品です。

ですから年数を追うごとに走行距離は長くなるので、各パーツの消耗が発生して修理や交換が必要になってきます。

これが理由で年数と走行距離の2つが多いほど車は故障する頻度が高くなってくると判断されているのです。メンテナンスをしっかりしていたという所有者の申告は考慮されないのです。

ということはその可能性が高いと判断される車検時期を迎えるということは、その市場価値にも大きく影響してくると考えなければなりません。

これは査定価格を見れば一目瞭然です。

新車は購入後すぐに一番大きな査定下落となり、その後は年を追うごとに査定価格は安くなるのですが、1年目以外にも大幅な査定下落を招く時期があります。

それが3年目と5年目なのです。

よって、下取り時にできるだけ高い査定価格にしたいのならば、3年もしくは5年の車検前に乗り換えるのがベストな方法となってくるのです。

車検代がかからない

車検を迎える前に乗り換えすることで車検代の負担を間逃れます。

車検代は安くても10万円前後となるので、この出費をしなくても済むのは経済的にも大きなメリットを生むことにないます。

ガソリン代にも差が生まれる

近年は車の基本性能は年を追うごとに上がってきています。

特に燃費性能は車のセールスポイントの一つとなっているため、各社が開発に心血を注いでいることもあり、新しい車の方が断然よくなっています。

燃費が違えば支払うガソリン代にも大きな影響が出てきます。ガソリン代を150円/Lとし、3年間で3万km走行したとしましょう。

この際、燃費が25km/Lの車と33km/Lの車とでは支払うガソリン代は、

25km/L 18万円

30km/L 15万円

と3万円の差が出てきます。

またこれを5年間で5万km走行した場合で計算すると、

25km/L 30万円

30km/L 25万円

と更に5万円の差額を生み出します。

たかが数万円と思われるかもしれませんが、近年の燃費性能の進化が早く1世代違うだけで2割以上燃費が違う場合もあります。最近のミニバンなどは特に顕著です。

早めに燃費性能が上がった車に乗り換えた方が確実にガソリン代は安くなるということなのです。

以上の検証から判断すれば、車検を目安として乗り換えれば十分なメリットを生むことになってきます。

乗りつぶす気がないならば、車検を迎える前の乗り換えが一番おすすめのタイミングと断言できるのです

3年目と5年目、車検で乗換えるならどっち?

車検を迎える時期が一番お得なタイミングだといっても、初回の車検時を迎える3年で乗り換えというのは少々贅沢なような気がすると感じる方は多いでしょう。

しかも、いくら3年を迎える前のほうが高額査定になるといっても、乗り換える新車購入代金をすべてまかなえるわけではありません。

となると車検を乗り換えのタイミングは3年目と5年目ではどちらがいいのか判断がつきにくくなってきます。

3年乗換えのメリット・デメリット

3年で乗り換えた時のメリットは、

  1. 車検を一度も受ける必要がない
  2. 高額査定が期待できる
  3. 早いスパンで最新車への乗り換えが可能

の3つが挙げられます。

車検を一度も受ける必要がない

新車の場合、通常なら2年毎に受けなければならない車検が初回に限って3年に延長されています。車検は当然受けるのに10万以上の費用が発生することになります。

車の専門雑誌やサイトで3年乗り換えを進めているところが多いのも、車の車検代負担が0円となるのが理由です。

車検費用を一度も負担しなくてもいいのは3年乗り換えの一番のメリットといってもいいでしょう。

高額査定が期待できる

車の価値は買取後1年目が最も下落幅が大きく、その次に大幅な下落となるのが3年目と言われています。

ですから、その3年目を迎える前に乗り換えれば大幅な下落を避けることができ、中古車としては最も高額な査定価格で売却することが可能になってきます。

しかし、これは全ての車種がそうだというわけではありません。

下取りに出す車がマイナーチェンジやモデルチェンジを迎える場合には、大幅なマイナス査定となるため最も高額な査定価格での売却とはなりません。

そうならないためにも、新車購入時には発売されて3年以内の車種を購入するように心掛けましょう。

早いスパンで最新車への乗り換えが可能

車好きの中には新しいモデルが出るといてもたってもいられないという方も多いはず。

そんな方にとっては3年乗り換えは早いスパンでどんどん新しい車に乗り換えられるので大きな魅力となってきます。

購入代金がかかるというデメリットも併せ持ちますが、金銭的に余裕があるという方には大きなメリットとなるでしょう。

3年乗換えのデメリット

3年で乗り換えた時のデメリットは、

  1. 購入代金がかかる
  2. ローン残があると手続きが面倒
  3. 贅沢だと批判される

の3つが挙げられます。

購入代金がかかる

やはり一番のデメリットは新車購入代金が短いスパンで必要になってくる点です。

高額査定となり高く売却できるといっても、それだけで新車購入代金を補えるわけではありません。

せいぜい購入時の50%位というのが妥当なラインです。同価格程度の新車を購入するとしても、その半額は必要となってくるわけです。

お金に余裕がある方なら問題ありませんが、一般の方にとっては懐が厳しいというのが実情です。

また、新車購入時には車の購入代金のほかにも、

  • 自動車取得税
  • 車庫証明代行費用
  • 検査登録届出代行費用
  • 納車費用
  • 預かり法定費用

など、諸費用がかかってきます。

中には交渉で値引きやサービスが受けられるものもありますが、全てをサービスで値引くことは難しです。特に法定費用は100%値引きしてくれません。

この諸費用を新車購入の3年ごとに毎回支払わなければならないのは、3年乗換え最大のデメリットと言えるでしょう。

手続きが面倒

車は決して安価なものではありませんから、購入方法としてローン購入をしている方は多いことでしょう。3年で乗り換えとなればローンの残債が残っている状態かもしれません。

その際には、ローンの組みなおしが必要になり、新車ローンへの残債上乗せや下取り金額との相殺など面倒な手続きが発生してきます。

ディーラーローンを利用すれば全て任せることもできますが、そうでなければこの手続きを3年毎に自分で行わなければなりません。

時間のない方にとっては特にわずらわしい作業となってくるでしょう。

贅沢だと批判される

独りで暮らしている方ならば問題ないでしょうが、家族と同居しているなら間違いなく贅沢だと批判されます。

また近所の目もありますし、会社通勤で使うならば会社の目もあります。気にしなければいいことなのですが、家族からの批判だけは覚悟しておいた方がいいですね。

5年乗換えのメリット

5年で乗り換えた時のメリットは、

  • メーカー保証の対象期間内に売却できる
  • 最後の高額査定が期待できる
  • 2度目の車検を回避できる
  • 新たなローンが面倒なく組める

の4つが挙げられます。

メーカー保証の対象期間内に売却できる

車は維持費の他にも、故障時には修理が必要となってきます。ですが新車にはメーカー保証があり最大で5年間の修理保証を受けられます。

自然走行時に発生した故障修理ならば無償保証してもらえるのです。

しかし、5年を経過すればこの保証は受けることができなくなり、故障時の修理費用は自己負担となるのが一般的です。

5年が経過する前に乗り換えすれば、無償保証期間内で運転することができるので修理費を心配することなく、安心して運転することができるというわけです。

車は5年経過を境に故障が増えてきます。これは消耗が限界に達してくるパーツが多くなってくるためです。

よって、5年を経過したメーカー保証のない車は修理費がかさんでしまう場合もあります。

そうなる前に手放せるのですから、修理費節約という面で大きなメリットと言えますね。

最後の高額査定が期待できる

車は購入後1年で一番大幅に査定価格が下落します。

そして3年目、5年目にも大幅に査定価格は下落し、その後は走行距離にもよりますが緩やかに査定価格が下がっていきます。

つまり5年目を最後に査定価格が大幅下落する時期だということです。

ですから5年目の車検前に売却することでこの最後の大幅下落を回避することができ、最後の高額査定のチャンスが生まれるのです。

下取り査定は新車購入費用に充てることになるので、高ければ高いほどオーナーにとっては新しい愛車への経済的負担を低くしてくれます。

最後の高額査定チャンスがつかめるのは大きなメリットと言えますね。

2度目の車検を回避できる

3年目の初回車検時ならば故障箇所はないでしょうし、消耗部品も少なく、あっても安価なものが多いので交換部品の費用も少なくて済みます。

しかし、2回目の車検はそうはいきません。

5年という長い歳月で主要な部品が摩耗していたり、故障していたりするケースも出てくるのです。次の2年を安心して乗るための予防修理の必要もあるでしょう。

そうなれば部品交換や修理の費用も高額になる可能性が出てきます。

よって5年の車検前に乗り換えすれば、2回目の車検という高額支出を回避できるというメリットが生まれます。

これは思っているよりも大きなメリットとなってくるので、5年乗り換え検討時には是非検討材料としてください。

新たなローンが面倒なく組める

ローンで新車を購入すると3年乗り換える時には残債が残っていることもあり、処理手続きが必要となってきます。

また残債を上乗せして新しくローンを組む必要がある、身の丈に合わない車に乗ってしまうと、乗換ごとにローンが膨らんでしまいます。

現金一括で買う人は無関係な話ですが、一般的にはローンを利用する人が多いですよね。ローン残債の有無は車の買換えに大きな影響を及ぼします。

しかし、5年で乗り換える場合には、残債も残りもわずかなので買取価格の一部を支払いに当てるだけで完済が可能な場合が多いでしょう。これなら、次の車は新しいローンを組むだけで済みます。

新しいローンを組む際に面倒な手続きが必要ないのは、忙しい方にとってメリットも多くなります。そして忘れてはならないのが下取りによる売却金額です。

まだまだ高額査定の可能性のある5年未満の車ですから、下取りによって得たすべての資金を新車購入費に充てれば新たに用意する購入資金は少なくて済みます。

これも見逃すことのできない大きなメリットです。

3年乗り換えでは残債に充てるしかなかった売却金額を新車購入費にあてられるのですから、これは3年乗り換えと比較しても大きな差別ポイントとなってくるでしょう。

5年乗換えのデメリット

それではメリットが分かったところで、次はデメリットにはどのようなものがあるのかを見ていくことにしましょう。

5年で乗り換えた時のデメリットは、フルモデルチェンジの時期と被る可能性が高い・超過走行となるの2つが挙げられます。

これらは下取り査定額を大幅に下げる原因となるのでよく理解しておきましょう。

フルモデルチェンジの時期と被る可能性が高い

大幅な新車値引きはできないのが原則ですが、そんな新車でも大幅値引きが期待できる時期があります。それはモデルチェンジした同車種の発売前です。

メーカーは新しいモデルが出る前に在庫として抱えている車をさばきたいので、ディーラーに多額の販促支援金をだすので、ディーラーや販売店は大幅な値引きが期待できます。

しかし、これは新車購入者にとっては大きなメリットとなってきますが、これから下取りに出そうという方にとっては大きなデメリットとなってしまいます。

新しいモデルが出ると前モデルある中古車の市場価値も大きく下落してしまうからです。そこで問題となってくるのがモデルチェンジのサイクルです。

実は、5年乗り換えの場合にはこのモデルチェンジ時期と被ってしまう可能性が高いのです。

モデルチェンジは、マイナーとフルモデルの2つのチェンジが存在します。

マイナーチェンジは、

  • 内外装の変更
  • グレードの追加
  • 機能の追加
  • 問題点の改良

など細かな修正が加えられるだけですから、大きなダウン査定が発生するわけではありません。

しかし、フルモデルチェンジは、

  • デザイン
  • 設計
  • エンジン
  • 燃費性能
  • 先進技術の採用

などの大幅な変更となるために、旧モデルの査定が大幅なダウンすることも良くあります。

日本メーカーの自動車のモデルチェンジは2~6年のサイクルで行われています。

ですから、5年乗り換えはこのフルモデルチェンジ時期と被る可能があり、査定に大きく影響してくる可能性があるのです。

この点はよく心得ておきましょう。

超過走行となっていることも

5年乗り換えは高額査定となる最後のチャンスですから、査定価格にも期待できます。しかし、それには走行距離が5万㎞以下という条件をクリアしなければなりません。

単純に年数だけクリアしても高額査定は得られないのです。しかも、5年という長い期間運転していると、走行距離が5万㎞を超えるケースもあるでしょう。

実際減額される査定額を見てもらうためにも、プリウスクラスの車で実際にどれくらいのマイナス査定額が発生するのかをシミュレーションしてみました。

5年で走行距離が6万㎞だった場合は1万㎞の超過走行となり、査定時には50点のマイナス査定が行われます。

点数は1点が1000円換算となっているので、この場合のマイナス査定額は5万円ということになります。

さらに走行距離が多い場合は、

  • 7万㎞ マイナス90点で9万円
  • 8万㎞ マイナス130点で13万円
  • 9万㎞ マイナス160点で16万円
  • 10万㎞ マイナス190点で19万円

となり大きなマイナス査定となってしまいます。

できるだけ高い査定をとお考えなら、超過走行とならない配慮も大事なポイントとなってきます。

とはいえ車は走る道具ですから、査定に響くからと言って運転を控えるのはナンセンスな話です。

5年乗り換えは超過走行になる可能性があることを、納得して乗る必要があります。

とは言え、年間数万km走るひとでもない限りは、過走行だから3年で乗り換えるなんてことはしなくても大丈夫ですよ。

数万円の査定額アップのために無茶な買換えをするほうがよっぽど損です。

車は新しい方が下取りに有利

乗り潰すよりも定期的に乗り換えしたい方は、メリットの多い3年目、5年目の車検時期に乗り換えすることをおすすめします。

しかし、どちらがいいのかは一長一短ですから簡単に判断するのは危険です。

自動車雑誌ではやたらと3年乗り換えを進めているところが多く見られますが、3年乗り換えと5年乗り換えにはそれぞれメリット・デメリットがあるため、一概にどちらがお得なのかは断定することはできないからです。

新車購入費に事欠かないという方ならば、3年乗り換えの方が好きな車種を短期スパンで次々と乗り継げるのでおすすめと言えます。

しかし家族持ちのように経済的に自由にできる金銭が限られている場合には、3年乗り換えよりも5年乗り換えの方がおすすめとなってきます。

個人の事情によってメリットがデメリットになりかねないのです。予算的に厳しかったり車に興味ないなら、5年以内の買換えが最も現実的なサイクルとなります。

5年目の車検前が査定額大下落前、最後の売却タイミングであることを考えれば、2回目の車検前の乗り換えをオススメします。

3年は無理でも5年なら経済的な負担も少なくて済みますからね。

とにもかくにも、3年もしくは5年の車検前の乗り換えがメリットを生かした賢い乗り換え時期であることに間違いはありません。

自分にとって無理なく乗り換えれる時期がどちらなのかをよく検討して、乗り換えてください。

スポンサーリンク