3度の飯よりクルマが好き!

古い年式、低走行の中古車はお買い得?購入前と購入後のチェックポイントは?

中古車の下取り・買取時にはその車にいくらの価値があるのかが査定されます。

査定時には

  • 年式

新しいほど査定アップ!

  • 走行距離

少ないほど査定アップ!

  • 車の状態

良好なほど査定アップ!

3つが重要視され、この査定価格が実際の販売価格に反映されるというわけです。

しかし、走行距離は少なければ必ずアップ査定となるわけではありません。

査定時には11kmの走行でプラスマイナス0評価となり

  • 1km超え → マイナス査定
  • 1km未満 → プラス査定

となります。じゃあ、年間2000kmしか乗らない車の査定額は更にアップする、と思うのですが実はそうではありません。

走行距離が15km未満の場合にはマイナス査定となってしまうのです。

不思議に思われる方もいるでしょうが、車はある程度の走行を維持していなければ良好な状態を維持できません。

5km未満の場合は過小走行

それでは、103kmのような低年式・低走行の中古車の状態はどう判断すればいいのでしょうか?

低走行ですから部品の消耗や劣化は少ないでしょうが、満足な走行をしていないので故障が頻発する可能性も否めません。

ということはやはり購入は控えた方がいいということになってくるのでしょうか?

今回は低年式・低走行の中古車はお買い得なのか?購入するならどんなところに注意すればいいのかを検証していくことにしましょう。 

低年式、低走行の中古車はお買い得?

車に拘りがある方なら話は別ですが、状態の良い車をできるだけ安く買いたいという方には、低年式・低走行の中古車は間違いなくお買い得だと言えるでしょう。

  • 77km 販売価格40万円
  • 83km 販売価格20万円

実際、上記の中古車ならばきっと83kmの中古車の方がお得感は大きく感じるでしょう。

1年の違いで倍以上の価格差が生まれているのですから、間違いなく83kmの方がお得です。

しかし、お得だからといってもこれはあくまでも金額面でメリットがあるというだけです。

つまり、金銭面のメリットがあるからといってオススメな中古車というわけではないのです。

冒頭でも申しましたが、車は過走行なのも問題ですが過小走行なのも問題になります。

購入後は77kmよりも83kmの中古車の方が故障が頻発する可能性は否定できません。

よって、低年式・低走行の中古車の購入を失敗しないためにも、購入前、購入後には確認しておいて欲しい重要ポイントがあるのです。

購入前、購入後に必要なチェックポイントはこれ!

低年式・低走行の中古車は購入費だけみればお得感はありますが、維持する上では決して安心できるわけではありません。

ですから、購入前と購入後にはもしもの時に備えてしっかりとチェックしておかなければならないポイントがあります。

1.購入前のチェックポイント

購入前にチェックしておいて欲しいのは下記の4点です。

  • どんな保証があるのか
  • 事故歴と修復歴
  • 定期点検記録簿
  • 市場価格とあまりにかけ離れていないか

それでは、項目別に見ていきましょう。

どんな保証があるのか

低走行だからといって故障が少ないとは限りません。

もしもの故障に備えて、購入先業者がどのような保証を何年間行ってくれるかをチャックしておきましょう。

保証内容や保証期間は下記のように販売業者によって違ってきます。

  • ガリバー

エンジン、ブレーキ、ミッション部分を走行距離に関係なく保証

  • カーセンサー

237項目の部品交換を保証

過小走行車は走行距離が短くても車に何らかのダメージを負わせている可能性があります。

ですから購入後に故障等のトラブルが発生した場合、購入先業者がどのような対応をしてくれるのかは重要なポイントとなってきます。

事故歴と修復歴

これは低走行車に限った話ではありませんが、事故歴や修復歴のある車はあまりオススメすることはできません。

きちんと修理されていても、車は数多くの部品やパーツを組み上げて造られています。

ですから、修理時に取り替えた部品やパーツ周りにも何らかの潜在的なダメージを受けている可能性があるのです。

事故歴や修復歴のない車よりも、故障する確率が高くなってくる事故歴や修復歴のある車はオススメできません。

特に低年式・低走行の場合、事故や修復が原因で調子が悪くなり、走行を控えていたとも考えられるので購入は見送った方が無難かもしれません。

定期点検記録簿

車は法定点検である車検以外にも、定期点検が義務付けられていますが、定期点検を受けている車は全体の40%にも満たないのが実情です。

しかし、この定期点検を受けている車ならば低走行でも定期的にメンテナンスされているという証になります。

よって、低走行が車に悪影響を与えている可能性も少ないでしょう。

この定期点検を受けているかどうかは定期点検記録簿を確認すれば直ぐにわかります。

販売業者に行って必ず確認するようにしましょう。

市場価格とあまりにかけ離れていないか

安いのはいいことですが市場価格とあまりにもかけ離れた価格の場合には注意が必要です。

事故歴や修復歴がなくても、事件に巻き込まれた車両や前所有者が不幸があったなど、いわくつきの車である可能性があります。

あまりにかけ離れた価格の場合には、なんでこんなに安いのかを販売業者に問いただすようにしましょう。

2.購入後のチェックポイント

購入後にチェックして欲しいのは下記の2点です。

  • タイヤの状態
  • オイルの状態

低年式・低走行の車は長い間放置されていたことが予測されます。

ですから見た目は綺麗に見えても、タイヤや消耗品は長い期間交換されていないことが多いのです。

この点は購入前に確認することができるのですが、そのままの状態で購入する事になるならば交換をする必要があります。

タイヤに関しては問題ないケースもありますが、納車時にオイル交換がされてなければ必ず交換しましょう。

拘りがなければ年式や走行距離は気にしなくてもOK

新しい車に乗りたい、定期的に乗り換えしたいなど、車に拘りがある方にはオススメできませんが、そうでなければ年式や走行距離を気にすることなく状態の良い車を購入するのもオススメです。

1010kmを超えた車は故障が多く、維持するのに手間がかかると言われています。

事実そういう車も多いのですが、定期的にきちんとメンテナンスされている車ならば年式や走行距離に関係なく走行することができます。

実際メーカーの方でも10kmと言わず、20km30km走行しても大丈夫なように設計しているので、手さえかけてやれば10kmを超えて故障が頻発することはないのです。

日本では中々お目にかかれませんが、外国では30kmを超えて走行している国産車は珍しくありません。

自動車学校の送迎に使われている車は10万~20万Km走っても、全く故障が無いメンテナンスの行き届いた物が多いので、機会があればメーターを覗いて見てもいいかもしれませんね(笑)

話が逸れましたが、車に拘りがない方なら無理に年式や走行距離を気にせず、メンテナンスが施された状態の良い車を安く購入した方がメリットは高くなってきます。

古い年式でも信頼できる車はこれ!

年式が車の価格価値に影響してくるのは古いほど交換箇所が多くなってくるため耐久性が悪くなると判断されるからです。

しかし、先程も記載した様に定期的なメンテナンスをちゃんと行っておけば国産車は何年でも走行することが出来ます。

古い年式でもいいから、状態の良い車を安く買いたいとお考えならば高級車の購入がオススメでしょう。

高級車はシートや内装だけでなく、使われているパーツや部品も一般的な車よりも桁違いに高い品質のものが使用されているからです。

よって、同年式の一般車と比べても耐久性が格段高く、故障頻度も少なくなります。

高級車の購入を検討するなら、販売当時人気がなく後継車が発売されていない車種がオススメです。

同クラスでもさらにお得な価格で購入することができるでしょう。

保証さえしっかりしてればお得な中古車購入が可能!

できるだけ安く状態の良い車を購入したいとお考えならば、年式や走行距離に気を回す必要はありません。

  • 価格
  • 車の状態
  • 保証

3つに目を向ければいいのです。

中古車は低年式、低走行、過走行なほど査定価格は低くなり、リーズナブルな販売価格が設定されます。

しかし、査定が低くなる条件の車だからといって、これら全てが程度の悪い車であるとは言えません。

定期的にメンテナンスを施している車ならば、査定が低くなる条件が揃っていても問題なく走行することができるからです。

ですから、車に拘りがない方は安くて状態の良い車を、保証をつけてくれる販売業者から購入するのが一番安全でお得な買い物となるのです。

スポンサーリンク