3度の飯よりクルマが好き!

アウトランダーPHEVのガソリン代と電気代を比較!何年で費用回収できる?充電設備はいくら?

outlander

リチュウムバッテリーで60km以上走行し、電池が切れたらハイブリッド車としてガソリンエンジンに切り替わるプラグインハイブリッド車。

プラグインハイブリッドといえばトヨタのプリウスPHVが有名ですが、三菱からもアウトランダーPHEVが発売されています。

360万円という車体価格は、ライバル車種であるSUVのHV車にも負けない価格です。加えて国のエコカー補助金を適応されます。

これによって最大29万円値引きが確実に得られるため、コストパフォーマンスも高く、燃費性能もハイブリッド車であることから対費用効果の高いエコカーとして人気が高まっています。

プラグインハイブリッド車は車両価格から充電設備も含めて、コストがかかる印象がありますが、実際に計算してみると結構割安に乗れるクルマになっていました。

他社SUVのHVモデルを考えている人も、アウトランダーPHEVは一度検討対象にしてみてください。

プラグインハイブリッドとは?

プラグインハイブリッドは、ハイブリッドカーに積まれているリチュウムイオンバッテリーを更に大型化することで、バッテリーのみの航続距離を大幅に増やしたハイブリッドカーです。

電気自動車は電気のみで動くので、二酸化炭素を削減し、大幅に燃料費を節約できるいわば未来のクルマです。

しかし航続距離が短く、スタンドの確保や充電に時間がかるなど、長距離移動に向かないデメリットももあります。

そこでプラグインハイブリッドはバッテリーだけで数十キロ走行出来るようにすることで、短距離はバッテリー、長距離はガソリンの2種類の動力を使い分け環境・燃費性能の向上を目指しています。

実際にプラグインハイブリッドに乗ってみるとわかりますが、片道20km以内の通勤に使うレベルでは行き帰りのほぼすべてをモーターで走行するため、ガソリンを全く消費しません。

最低価格360万円の価値はあるのか?

アウトランダーPHEVは標準モデルのアウトランダーよりも約100万円アップの3,596,400円からのプライスとなっています。

普通のアウトランダーが2,791,800円で購入できることを考えると、かなりの価格アップになります。

100万円増えたといってもプラグインハイブリッド以外の装備にほとんど変化はありません。

アウトランダーPHEVは、EV機能のオプションを100万円でつけたつもりで購入しないと、いたって普通の装備にがっかりしてしまうでしょう。

Mグレードはナビもオプション設定なので、必要な場合は予算はしっかり確保してください。

値引きは?

値引きは全くありません。

プラグインハイブリッド車はかなり利益率の低いクルマで、メーカーも先進性をアピールするためのフラッグシップモデルとして取り扱っています。

特殊な車でライバル車もいないため、値引き交渉は車体価格から数万円引き出せれば御の字。

後述しますが、国から約30万円の実質的な値引きが補助金としてもらえるので、ディーラーがわざわざ値引きする必要はありませんからね。

国からの補助金

PHEVは国の次世代車に与えられる補助金が、29万円交付されます。(2016年度以降は減額予定。)

自動車取得にかかる諸税金

  • 自動車取得税114,700円
  • 自動車重量税30,000円
  • 自動車税29,500円

合計174,200円が免除されます。

アウトランダーPHEVでは合計464,000円の優遇が受けられるので、実質的な価格はMグレードで3,316,400円となり、同クラスのHVカーと同等かそれより安い価格で購入することが可能となっています。

燃費はどれくらい?

ではプラグインハイブリッドの燃費はどれくらいなのでしょうか?

100万円のシステムを搭載するのですから、びっくりするくらい安くなってもらわなくては困りますよね。

シュミレーションから試算

アウトランダーPHEV・Mモデル車両価格360万円を、燃費試算シュミレーターを使って年間の節約金額を試算します。

  1. 比較対象のクルマはアウトランダー24Gモデル車両価格280万円
  2. 補助金29万円のみPHEVの車両価格から値引き、331万円を購入価格
  3. 331-280=51万円を価格差とし、51万円分を取り返すまで何年かかるかを計算
  4. 走行距離は1日40km×365日=年間14,840kmで試算
  5. ガソリン代は105円
  6. 燃費はカタログ値
  7. 充電は夜間行うものとして東京電力夜間契約

そして実際の節約額は、月5,802円。。。思ったより少ないですね。

nenpi

51万円の価格差を取り戻すには約8年かかる計算になります。

コレだとPHEVを選ぶメリットがそこまでありませんね~。

ですが今現在のガソリン価格が異常な低価格ですので、今後もこの価格が続くとはあまり考えられません。

リッター138円 1日60km走行で計算

この異常なガソリン安のコストで計算すると、費用回収に時間が掛かるPHEV。

ちょっとずるいですが、ここ3年間平均価格で計算をしてみました。これだけ安くなりますよ~ではなく、PHEVはガソリン代が高くなればなるほど節約効果が高まるということを伝えたかったからです。

以下の画像は3年間のガソリン価格の平均138円で計算しました。

月8,351円の節約となり、約5年で51万円が回収できる計算になります。

nenpi2

5年なら3回目の車検を通せば乗った分だけ節約できる計算になりますから、すこしは現実的な数値になったでしょうか。

毎日EVの航続距離目一杯を走る人なら、51万円は4年以内で回収可能な数字になりますね。

充電設備

プラグインハイブリッドの低燃費走行を実現させるためには、自宅で充電できる充電設備が不可欠です。

充電は100Vコンセントからでも可能ですが、満充電まで13時間必要ですのであまり実用的ではありません。

200Vなら4時間で充電できますので、出来る限り200Vの充電設備を設置するようにしましょう。

工事費用

200Vのコンセントを設置するためには200Vへの切り替え工事費用が発生しますが、5,000円程の費用なのであまり負担はかかりません。

充電コンセントの設置箇所が壁に近い場所であれば、コンセント代約10,000円+工賃だけで済みますので意外とお安く電源を確保できます。

なお200Vに切り替えたとしても基本料金等は変わらないので安心してください。

100V電源の場合

充電が遅いのであまりオススメはしませんが、屋外に規格に合う形状のコンセントが設置してあれば工事なしで利用できます。

翌朝までに13時間の充電時間を確保出来る人は、100Vでも良いかもしれませんね。

ですが切り替え工事費用と設備代2~3万円程度の投資で4時間の急速充電が出来ることを考えたら、わざわざ100Vに拘る理由も少ないとは思いますが。

雨は大丈夫?

電気を使いますから雨の日の感電が怖いですね。

理想的なのは屋内かカーポートの下に充電器を設置することですが、難しいのであれば屋外用の充電スタンドを購入すると良いでしょう。

ただし価格が20万円ほどと高額になるので、予算的に厳しいならコンセントと充電ケーブル周りに雨よけを作るだけでも安全性はずっと高まります。

しかしDIYは自己責任となるため、設備を過信せず安全に十分注意して充電を行ってくださいね。

まとめ

アウトランダーPHEVの導入コストと費用回収、そして充電設備について簡単にふれました。

ガソリン代が値下がりを続ける状態でプラグインハイブリッドの燃費性能の魅力が薄れてしまいますが、長く乗り続けることで普通のハイブリッドカー以上の節約効果は間違いなく存在します。

ハイブリッドカーはどちらかと言えば、自己満足の燃費性能ですがプラグインHVでなら燃料代の節約で元を取ることも可能です。

毎日の通勤距離を考えて片道30km以内であればアウトランダーPHEVを選択するだけの価値は十分にあります。

実用的な5人乗りと4WDの走行性能はプリウスPHVにはない魅力ですので、SUVのエコカーが欲しい人は検討してみてください。

個人的にはハリアーHVよりも魅力的なクルマですね。

スポンサーリンク