3度の飯よりクルマが好き!

プジョー308の特徴と魅力を解説!クリーンディーゼルに注目!

プジョー308はミドルクラスの5ドアハッチバックモデルです。

初代モデルは307の後継として2007年に発売され、現行モデルは2013年にデビューした2代目になります。

プジョーはモデルチェンジのたびに3桁の末尾の数字が上がってきましたが、現行308から同じ数字のまま世代を上げていく予定です。

輸入車のCセグメントハッチバックではVWゴルフの独壇場ですが、欧州ではゴルフと互角に戦うモデルが308になります。

プジョーの看板車種でも主力車種でもある308は、プラットフォーム、エンジン、インテリアなどに新機軸が盛り込まれたモデルです。

新世代プジョーの先鋒となる、308の魅力を徹底解剖します。

プジョー308はどんなクルマ?

車名のネーミングルールだけでなく、308には新型プラットフォームが採用されています。

初採用されたEMP2と呼ばれるモジュラープラットフォームは、ボディの小型化と軽量化を実現し、シトロエンC4ピカソなどPSA(プジョー・シトロエン・グループ)のC/Dセグメントのモデルをカバーする予定です。

ボディサイズは全長4,260mm×全幅1,805mm×全高1,470mmで、先代モデルより55mm短く15mm狭く45mm低くダウンサイズされています。

ホイールベースは2,620mmで10mm延長され、ライバルのVWゴルフとほぼ同じサイズです。

エクステリアはフランス車としては万人向けにも思える抑制が効いたスタイルになります。

過激なデザインはシトロエンに任せ、実用車のプジョーは量販を担うため嫌われない無難なデザインといえるでしょう。

フロントは異形ヘッドランプのLEDラインが目を引きますが、小型のグリルやロアグリル形状などコンサバティブなイメージになります。

ドアには大きなえぐりのプラスラインが、リアコンビランプに食い込むように伸び、テールランプのライオンの爪痕をモチーフにしたアグレッシブなデザインが特徴的です。

エクステリアとは反対にインテリアは近未来を感じるデザインになります。

「i-Cockpit」と呼ばれるデザインは、楕円形の小径ステアリング(約35cm)とやや奥まった場所に設置されるメーターバイザーが特徴です。

通常はステアリングホイールを通してメーターを見るのに対し、ステアリングの上から見るレイアウトになります。

センターコンソール上段には7インチのタッチ式ディスプレイが配置され、オーディオやナビゲーション画面だけでなく、エアコンの操作パネルや各種設定パネルなども集約されています。

308の特徴と魅力を解説!

パワーユニットはPureTechと呼ばれる1.2リッター直列3気筒ターボのダウンサイジングガソリンと、1.6リッターと2.0リッターの直列4気筒のディーゼルターボの3種類です。

ハンドルは右側のみ、ミッションは高効率なアイシンAW製の6速ATを採用し、マニュアルモードで操作できるパドルシフトも装備されます。

グレード パワーユニット スペック 燃費 価格
308アリュール 1.2リッター

直3 DOHC 12バルブ ターボ

130ps/5,500rpm

23.5kgm/1,750rpm

18.1km/L \2,790,000
308 GT Line \3,140,000
308アリュール BlueHDi 1.6リッター

直4 SOHC ターボディーゼル

120ps/3,500rpm

20.0kgm/1,750rpm

21.0km/L \2,990,000
308 GT BlueHDi 2.0リッター

直4 DOHC ターボディーゼル

180ps/3,750rpm

40.0kgm/2,000rpm

20.1km/L \3,540,000

安全装備面は6エアバック(フロント/サイド/カーテン)、ESC(横滑り防止装置)、エマージェンシーブレーキサポート、バックカメラ&ソナーやアクティブクルーズコントロールを標準装備し、GT系にはパークアシストとブラインドスポットモニターが追加されます。

フルLEDヘッドライト、左右独立調整式オートエアコン、スポーツシート、オーディオ、本革ステアリング、スマートキー、アルミホイールは全車標準装備です。

ミドルクラスの輸入車ながらも、充実した装備でお手頃な価格が308の魅力になります。

ガソリンのGT Line、ディーゼルのGTは専用グリルとリアガーニッシュ、サイドスカート、18インチアルミホイールなどが装備されるスポーティーグレードです。

インテリアではシート、シフトブーツやアームレストなどにレッドステッチが入り、アルミペダルや9スピーカーHi-Fiオーディオ(DENON製)などが装着されます。

ネコ足と呼ばれるサスペンションセッティングも308の魅力の一つとなります。

サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビームでありふれた形式ですが、ボディをフラットに保ち路面の凸凹をしなやかに吸収するセッティングです。

柔らかい足回りは乗り心地が良い反面フラフラしそうですが、直進性も良くステアリングの反応も俊敏で不安は全くありません。

コーナリングでもそれぞれのサスペンションが路面をとらえながら曲がっていく感覚があり、ロールはありますがドライバーの想定を裏切らない挙動です。

ドライバーが意のままにコントロールできる運動性能は、すべてにおいてニュートラル感があり運転が楽しくなります。

大柄なシートは体圧を適切に分散し、長距離で疲れにくい良質な作りです。

見た目だけ豪華ですぐ腰の痛くなる国産車のシートとは異なり、長時間のドライブを前提に作られています。

座り心地が良いだけでなく、スポーティな走行でもしっかり体をサポートするセミバケット形状です。

ホイールベースを延長したおかげで後席の足元は広く、リアシートもクッションが厚く底付き感はありません。

ロングドライブでも後席の同乗者から苦情は出てこないでしょう。

ラゲッジ容量は通常で405L、リアシートは64分割方式で可倒でき、最大1,309Lまで拡大できます。

快適な居住性とユーティリティーも308の大きなメリットです。

クリーンディーゼルに注目!ランニングコストも有利

メルセデスベンツやBMW、ボルボなど、国内にディーゼルモデルを導入する輸入車メーカーが増えています。

日本のディーゼルエンジンの排出ガス規制は世界でも厳しい基準で運用され、高い技術力を持つメーカーでなければ対応できません。

PSABlueHDiと称して、高度な排ガス浄化テクノロジーを持つディーゼルエンジンを308に搭載しています。

高圧のコモンレール式燃料噴射装置で燃焼効率を高め、通常の酸化触媒に加え、アドブルー(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)とDPF(微粒子フィルター)を使用し有害物質を3段階で除去するシステムです。

同性能のガソリンエンジンと比較してCO2排出量は15%低減、燃費は25%改善され、アドブルー式のSCRによりNOx(窒素酸化物)は90%削減されます。

アドブルーはディーラーでの補充が必要になりますが、1年または1万kmで点検するレベルの間隔で、補充する場合の費用も\5,000程度です。

可変ジオメトリーターボを装着し、排気量以上のパワーを得るとともに高回転域での頭打ち感を減らしています。

アイドリングストップ機構も備え、燃費も20km/Lを超える優秀な数値です。1.6リッターでも低速からグイグイと車体を引っ張る十分な動力性能で、308GT BlueHDiに搭載される2.0リッターはホットハッチの名に恥じないパワフルな走りも見せます

ディーゼルエンジンの弱点でもあるアクセルレスポンスもガソリンエンジン並みで、静粛性や振動の少なさも乗用車用ディーゼルエンジンではトップレベルです。

また308アリュールBlueHDiでは\3,000000を切る戦略的な価格で、マツダ・アクセラの1.5Lディーゼルターボの15XD L Package(\2,689,200)と比較した場合、100cc分のエンジンのアドバンテージを考慮すれば、ほぼ同等の値付けになります。

さらにガソリンより\30/Lほど安い軽油が使用できるうえ、クリーンディーゼルに対するエコカー減税も\140,000~150,000程度受けられ、ランニングコストでも有利です。

まとめ

コストパフォーマンスが高く使いやすい国産車ではなく、輸入車をあえて購入するには何らかの理由が必要です。

VWゴルフのスキの無いカチッとした仕上がりにも魅力がありますが、どこか遊び心があり人間の感覚にマッチした運動性能やお洒落なインテリアは、ドイツ車には無い308の魅力になります。

シートの出来や足回りなど短時間の試乗では308の魅力はつかめないかもしれませんが、長く付き合えば付き合うほど良さが分かるモデルです。

スポンサーリンク