3度の飯よりクルマが好き!

車は下取り買取、どっちが高く売れる?下取りで高く得る方法は?

下取り買取、どちらの方が高く売れるの?

car-sitadori-graph

新車購入時には大抵乗っている車の処分が必要になってきます。普通は新車購入先のディーラーに下取りしてもらい、新車購入代金に充てるのが一般的な車の買い方でした。

しかし近年は中古車買取の専門業者が多くなってきたことで、車の処分方法には買取という選択肢が増え、買取してもらう方が増えてきています。

カーセブンやビッグモーターなどテレビCMを流しているところも多いので興味のない方でも中古車買取業者の存在を耳にした人は少なくないでしょう。

CMではお得だと放送してますが、下取りと買取とではどちらの方が得なのでしょうか?

選択肢が増えた分、この見極めは愛車を手放す立場からすればこれは重要なポイントとなってきます。

「車の下取りと買取はどっちが高い見積もりをもらえるの?」

今回は下取りと買い取りとの違いを説明しながら、この疑問を紐解いていくことにしましょう。

下取りだと高く売れないって本当?

まず結論から言えば下取りよりも買取の方がいい査定金額がでるので高く売ることができます。

新車購入するのだからディーラーの方がいい査定金額を出してくれると思っている方もいるようですが、買取店のほうが高くなりやすいのが実情です。

下取りには新車購入と中古車売却を1つの業者に任せられ、面倒がかからないので大きなメリットもあります。ですが、できるだけ高く売りたいと考えている方にとっては下取りよりも買取りの方がおすすめとなってくるのです。

なんで下取りは安い見積もりになるの?

それでは下取りが買取よりも安くなる理由は何なのでしょうか?

これはディーラーと中古車買取業者の販売対象の違いが大きく影響しています。

  •  ディーラー → 新車販売
  • 中古車買取業者 → 中古車販売

というようにどちらも車を販売することを目的としていますが、販売する車の属性がまったく違ってきます。

ですから、

  • ディーラーは中古車買取には意欲的でない
  • 中古車買取業者は中古車買取に意欲的である

というのが実情なのです。

ディーラーが中古車を下取りするのはあくまでも新車を販売するための一手段であり、中古車買取業者のように転売して利益を生み出そうという意識は薄いのです。

よって、ディーラーは中古車買取業者と比べると、

  • 査定システムが脆弱
  • 中古車販売網が脆弱

になってしまうのです。

ディーラーは新車を売るのが仕事ですから適正な査定が望めない上、中古車売却力が低いため不良在庫となるリスクもあります。

売れない間の管理費を考慮した査定をするなど、マイナス査定要素が多いために査定価格が安くなってしまうのです。

つまりディーラーの中古車は、需要<供給という関係にあるわけです。

これに対して中古車買取業者は販売するための中古車を常時求めているので、需要>供給というディーラーとは全く逆関係にあります。

よって中古車買取業者はできるだけ多くの中古車買取をするため、

  • 中古車査定士による査定
  • タイムリーな市場価格が反映できるシステム導入

を徹底し、プラス査定要素が多くなるのでディーラーよりも高額査定となるのです。

ディーラーが一番高く買い取ってくれるケースも!

基本的に中古車買取業者の買取よりディーラーの下取りの方が高くなるということはありません。

時折ディーラー見積が中古車買取業者よりも高い下取り価格だったという話を耳にしますが、蓋を開ければ新車値引きを下取り価格に回した金額操作だったというケースが大半です。

しかし、例外がないわけではありません。次の2つのケースでは中古車買取業者よりも高い下取り価格となることもあります。

買い手が決まっている場合

新車販売に特化したディーラーといえども中古車販売を行っていないわけではありません。担当営業が抱えるユーザーの中には中古車購入を要望するケースも少なくないのです。

下取りする車がその要望車であれば中古車買取業者よりも高い価格で下取ってもらえることも考えられます。

中古車購入を考えている方ならば市場相場も把握していますし、そのへんの相談は担当営業には相談しています。

ですからそれに見合った金額で下取りしてもらえることもあるわけです。

在庫になる心配もありませんし、中古車販売の利益も得られるわけですから担当営業も安心して下取りできるというわけです。

下取り価格は担当営業とどれだけ人間関係が築けているかが影響してくるかもしれませんが、この場合は買取店よりも高い金額が提示される可能性が期待できます。

担当営業が中古車買取業者と付き合いがある場合

全員がそうではありませんがディーラー営業の中には中古車買取業者へ下取り車を転売して小遣い稼ぎをする人もいるようです。

中古車買取業者が必要としている車種を仲介することでマージンを得るのです。

このような担当営業に当たればディーラー査定ではなく、中古車買取業者の買取査定での売却も可能となってきます。中古車買取業者の見積もり金額よりも高く売却できる可能性もあるのです。

実際このケースはディーラー下取りとはなりませんが、海千山千の担当営業に当たればこんな提案をしてくれることも無きにしも非ずということですね。ただし、そういうやり手の営業マンは値引きを引き出すのに色々と苦労しそうですが…。

買取店の一括査定の見積もりが高いのは何故?

下取りよりも買取りの方が査定見積が高くなる理由はさきほどご説明しましたが、さらに高い見積を期待するなら一括査定サイトの利用がおすすめです。

ディーラー査定よりも高い査定が望める中古車買取業者の査定見積もりを複数社から取って、一番いい条件の業者を選べるわけですから見積が高くなるのも当然ですよね。

では、そもそも中古車買取業者の見積が高いのは何故なのでしょう?

これは適正な査定システムが構築されているという点も大きく影響していますが、買い取った後、確実に転売できる販売網が確立されていることが一番の理由です。

中古車買取業者は中古車を買い取っただけでは何の利益も得られません。買い取った中古車を転売して初めて利益を得ることができるのです。

中古車買取業者は確実に転売できるという自信があるからこそ、ディーラーよりも高い金額でも買取することが可能なのです。

それでは中古車買取業者の強固な販売網とははどのようなものなのでしょうか?

1.独自の販売システムが整備されている

近年は全国展開している中古車販売店が多くなってきました。これら中古車販売店は独自の販売システムを導入しています。

常時抱えている中古車情報をこのシステムで管理して、どんな車種があるのかを全国規模で各店舗が情報共有できるのです。ですから1店舗に在庫が無くても、ほかの店舗から探して販売することが可能というわけです。

カーセブンでは常時1万台以上の在庫を抱えています。大量在庫をストックすることが可能なのも、このようなシステムを利用して全国販売が可能だからなのです。

2.多くのオークションを利用している

中古車販売店の販売力は独自システムだけに頼っているわけではありません。中古車販売には店舗販売以外にもオークション販売という方法あります。

このオークション販売とは全国の中古車販売業者が登録し、オークションという中古車販売サイトにその登録業者が車を出店して購入先を募る販売方法です。

オークションには多くのものが存在し、登録した業者のみが閲覧できるシステムとなっています。

オークションには、

  • 多くの登録業者があり販売力の強いオークション
  • 外国車が多いオークション
  • 事故車・廃車状態の車が多いオークション

など各自に特徴をもち、どのオークションに登録するかで販売できる車の幅も変わってきます。

強い販売力をもつ中古車販売業者はこれら特徴の違うオークションに多数登録して、自社販売以外の販売ルートを築いているというわけです。

ディーラーでは査定0円とされる廃車同然の車でも、中古車買取業者で査定が付くのも販売ルートを確保できるオークションに登録しているからこそなのです。

車一括査定サイトを使って一番高い下取り金額を獲得する!

priustrd

ディーラーでの下取りはどうしても中古車買取業者の買取よりも査定金額は安くなってしまいます。

それでは下取りは安いと観念して諦めてしまう他ないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

交渉次第で下取り金額はアップすることは可能です。

しかし、「もう少し高くなりませんか?」などと安易な交渉では査定金額のアップは望めません。アップを望むにはそれ相応の交渉術が必要となってくるのです。

その交渉術の秘訣を紹介します。

アップ材料を探ることが重要!

交渉時に重要なのは相手を納得させるだけのアップ材料を持っているかどうかです。

このアップ材料がなくては相手は首を縦に振ることはありませんし、交渉も「なんとかお願いします」の一点張りとなってしまいます。

それでは交渉を有利に進めるために必要なアップ材料とは何なのでしょう?

それは車の市場価格です。

下取りに出す車が実際の市場でどれくらいで取引されているのかを知れば、

  1. 提示された下取り金額が適正かどうか
  2. いくらのアップを求めれるか

の2点がはっきりしてきます。

簡単な市場価格は検索サイトで調べれば直ぐにわかります。

ですが、相場価格は200万~300万というように幅の広い価格となっているので、交渉時の決定的なアップ材料とはなりません。それにその価格は全体の平均的な相場であり、あなたの愛車の状態次第で変動する数字です。

担当営業に「あなたの車と、ネットでは条件が違いますから」と言われるのが関の山でしょう。

そこで利用してもらいたいのが一括査定サイトです。

一度の申し込みで複数社からの見積もりが可能ですから、実際の車の価値がはっきりとわかります。この見積金額を材料として交渉に望めば、交渉も確実に有利に進めることができるというわけです。

下取り車を高く売るためのまとめ

車をできるだけ高く売りたいという方ならば中古車買取業者へ売却するのが一番の方法です。

しかし、新車購入と中古車売却を別の業者に依頼することになれば、「手間と時間が余分にかかる」という面倒は避けられません。

時間がない方にとってはこれは大きなデメリットとなってしまいます。

しかし、下取りと買取りの違いを熟知した上で、有利な交渉ができさえすれば買取よりは安いとしても下取り金額のアップは可能です。

ディーラーで下取りしてもらう場合には下取りは安いから仕方ないと諦めることなく、車一括査定サイトを利用することで下取り金額のアップは可能だということを理解して価格交渉を行うようにしてください。

スポンサーリンク