3度の飯よりクルマが好き!

名義の違う車は売却できるのか?名義変更の方法は?

名義がローン会社だった!売却できるの?

sealimpression

車の名義を確認するには車検証を見るのが一番です。

車の所有者、もしくは使用者として記載された人が名義人になっているからです。

車を売却する際に名義人が自分でない場合はどうやったら売却ができるのでしょうか?

車をローンで購入する場合は、返済が完了するまでは名義人はローン会社になっています

返済を完了した後に所有権解除の手続きを行わないといつまでも所有者はローン会社のままです。

そのためローン返済中はたとえ自分が車を使用していても所有者はローン会社のため、他人名義の車は売却ができません。

名義が違う場合でもローンが完済していれば、所有権解除の手続きを行い売却することが可能になります。

しかし場合によってはローン返済中の車で名義が違う時でも、ローン返済の代行をしてローン残額を査定額で調整して買取をして貰う事も可能です。

個人売買の場合は、所有権解除手続きは自分で行う必要がありますので、管轄の陸運局で手続きをしましょう。

名義変更は自分でできるの?

車の名義変更は自分で手続きをすることが可能です。

必要な書類を揃えて管轄の陸運局で行います。

色々複雑で面倒に思う方は業者に代行依頼することもできますが、代行手数料などもかかりますので、なるべく費用を抑えたいという場合には自分で手続きをすることをオススメします。

名義変更に必要な書類

車の名義変更はとても大切な手続きです。

ローン会社が名義になっている以外にも前のオーナーの名義がそのままになっている車もあります。

このような名義が違う車を乗っていると事故にあった時など双方が迷惑になる為、車の売買の際には十分に注意しましょう。

では名義変更を自分で行う場合ですが、まず必要になる書類を用意しましょう。

書類の一覧は以下の通りです。

  • 旧所有者の印鑑証明書
  • 新しい所有者の印鑑証明書譲渡証明書(元の所有者の実印押印されたもの)
  • 旧所有者と新所有者の委任状(それぞれに実印押印されたもの)
  • 車検証新所有者の車庫証明(発行されて1か月以内のもの)
  • 手数料納付書
  • 自動車納税証明書
  • 自動車税
  • 自動車取得税申告書
  • 自賠責保険証明書申請書
  • リサイクル券

証明書は発行日から3か月以内のものを準備しましょう。

名義変更にかかる手続と費用

名義変更の手続きには費用がかかります。その一覧をご紹介しましょう。

  • 車庫証明代 2500円
  • 自動車登録手数料 500円
  • ナンバープレート代 1500円
  • 自動車取得税 (取得価格が50万円以下の場合には課税対象外)

これらの金額は地域によって異なるものもありますので、必ず管轄の陸運局で確認をしましょう。

大まかな手続きの流れですが、必要書類をすべて準備したら陸運局へ行き、備え付けの移転登録申請書と自動車税・自動車取得税申告書の記入、申請書の手続きを行います。

陸運局で必要になる書類の記入方法は見本を参考にして、車検証を見ながら必要事項を記入してください。

わからないことがある場合は担当者の方に質問しましょう。

名義変更は自分でやるべき?

車の名義変更は必要な書類を準備する段階からとても面倒な作業が多いです。

手続きをするには、陸運局まで出向く必要があるため、平日でないとできないデメリットもあります。

仕事で忙しい方や陸運局が遠方にある場合は、業者に依頼して名義変更したほうがとても楽です。

自分で手続きをすると複雑なことも多く、間違いが無い様にとストレスのかかる作業なのでオススメ出来ません。

車を売却する時に名義が違う際は、そのほかの書類の手続きと同様に業者に名義変更もお願いしましょう。

手数料がかかりますが、自分で行う時間と手間を考えると微々たるものです。

名義変更の代行を専門に行う業者や、郵送にて書類のやり取りをしてくれる業者などもいます。

しかし一番簡単なのは買取業者やディーラーに車の売却時に一緒に依頼する方法です。

親からもらった車を売却したい

親から車を譲り受ける事はよくあります。

名義人は親の名前になっているため、売却の際に面倒になりそうな不安を抱える方もいると思いでしょう。

親からもらった車は子供が売却することは可能です。

親が高齢で車の運転をしなくなった、病気で車に乗れないなど、高齢化が進むなか子供が親から車をもらう状況はとても増えています。

親からもらった車を売却する場合は

  • 委任状
  • 譲渡書
  • 印鑑証明
  • 車検証
  • 自賠責保険
  • 自動車税
  • 支払い証明書
  • 自分の実印

が必要になります。

詳しい詳細は管轄の陸運局で問い合わせてください。

相続した車を売却するには

故人が所有していた車を売却するにはまず相続手続きが完了しないと、車の処分や売却の手続きは一切始められませんのでご注意ください。

相続が済んだらまずは車の名義変更をしないといけません。

管轄の陸運局で移転登録と呼ばれる名義変更の手続きを行います。

その後売却する際には売る人の戸籍謄本が必要になり、相続している場合は相続権利者から遺産分割協議書に捺印をしてもらうことが必要になります。

車の売却は所有者が亡くなっている場合は、相続でのトラブルの対象にもなりやすく、時には司法書士などに相談が必要になることもある様です。

相続した車を売却するには、買取業者などでまずは相談してみましょう。

車は相続人が一人の場合や複数人いる場合もあるため、その状況によって必要になる書類も多少異なります。

スポンサーリンク