3度の飯よりクルマが好き!

ロードスター・S660・コペン選ぶならどれ?ロードスターのオススメグレードは?

MAZDAロードスター・S660・コペン

roadster

販売台数世界一とギネスにも乗っている日本が誇るオープンカー、マツダロードスター。

肥大化した先代の路線と決別して、ライトウェイトスポーツカーとして、車重約1tと今の車の中でも軽さが際立つクルマになっています。

ですが、その価格は最安のSグレードでも250万円。

1500ccのエンジンを積むことで経済性を高めている車両ですが、軽自動車の規格によって維持費の安さが目立つホンダS660とダイハツ・コペンの陰がつきまといます。

ここではロードスターをブランドとしてではなく、単純な趣味の車、屋根を開けて楽しむツールとしてS660やコペンと比較してみたいと思います。

軽より余裕のあるエンジン

コペンもS660も軽自動車の自主規制である64馬力の縛りから逃れることができません。

どんなに車体を軽く作っても、足割やボディを固めても64馬力の非力なエンジンで引っ張る運命から逃れられないのです。

スズキのアルトワークスのような600kg台の車体でしたら、非力なエンジンをカバーできますがS660やコペンは800kg台と軽自動車として平均的な重量です。

約2倍の131馬力で非力といわれるロードスターよりも、非力といえます。

ロードスターでさえ登坂車線でのパワー不足が報告されているくらいですから、コペンやS660の加速力やスピードは推して知るべしでしょう。

スポーツカーに乗る以上、車重に対して余裕あるパワーが必要である場合、軽自動車の2シータースポーツは大きな割り切りが必要になるといえます。

オープンエアを楽しむならコペンが良い

copen

ですが、絶対的な走行性能や操る楽しみではなく、オープンエアーを楽しみたい人ならロードスターよりもダイハツ・コペンを選ぶべきでしょう。

ロードスターのオープントップは幌で耐候性や防犯性は、コペンのメタルトップに大きく劣ります。保管も屋根付き駐車場の数が少なく、天候が変動しやすい日本の環境にあわせてコペンは作られています。

また、車内にいながらボタン一つで屋根を開閉できる電動のアクティブトップは、オープンを手軽に楽しむ仕掛けとなっています。

急な天気の変化に即座に対応できること。

腕力がなかったり腰を痛めやすい人の労力を減らしてオープンエア移行への敷居を低くしている点からも、オープンを重視するならコペンを選ぶことをオススメします。

価格も高価なグレードを選んでも200万円に収まること、セカンドカーとして経済性に優れていることもコペンを選ぶメリットです。

20年操る楽しさを追求したロードスター

FRスポーツカーであるロードスターは、デビューから変わらず人馬一体を追求し続ける希少な和製スポーツです。

大排気量大出力で巨大化するスポーツカーにおいて、軽量化とハンドリングをここまでストイックに突き詰めたクルマは他に例を見ません。

同じFRスポーツカーであるトヨタ86は、ロードスターのような自分の思うままにクルマがコーナーを曲がっていく一体感はありません。

どちらかと言うと、おしりが滑りだしそうな危うさを感じる味付けになっています。

これはトヨタの開発陣がドリフト走行を意識したセッティングで煮詰めているからですので、86が悪い車というわけではありません。

あくまでクルマの個性の話です。

ですが日常の領域でも、クルマを意のままに操れているという体験を提供してくれる懐の深さは、20年人馬一体のクルマを作り続けてきたマツダのクルマといえます。

日常の運転で操る楽しさを体験させてくれることにおいて、その分野を突き詰めてきたロードスターの右に出る車はないでしょうね。

S660はキャラクタ違いで単純比較できない

s660

ロードスターに並んで日本の自動車界を沸かせたホンダのS660は、20年前のバブル終焉期に生まれたミッドシップ軽スポーツカーの実質的な後継車です。

価格は200万円~とロードスターSと比べて50万ほど安い車となっています。

ロードスターと比べたら安価な自動車ですが、軽自動車として最も高い部類の車です。

ロードスターと同じくセカンドカー需要の高い自動車ですので、ロードスター選びの際に必然的に候補に上がってくる車両かと思います。

このS660はロードスターと違いオープンの開放感がない、タルガトップという屋根だけ外れる機構のモデルです。

屋根はソフトトップで取り外しは一旦下車して、外さないといけません。

コペンの電動開閉や、ロードスターの手動ながら車内にいても開閉できる屋根と違い、安全な場所に停車して車を降りて取り外さなくてはいけないデメリットがあります。

その代わり屋根は非常に軽量なので重量面では有利なのですが、ねじれに弱く雨漏りのし易いオープン機構です。

しかも頭の天辺だけしかオープンにならないので、コペン・ロードスターの開放感に比べたらおまけと思っておいたほうが良いでしょう。

ミッドシップは良し悪し

オープンでは負けますが、ミッドシップという特殊なレイアウトのおかげで、ブレーキングによる重心移動やリアのトラクションを殺さずにギリギリの領域で使う綱渡り感はS660は最大の魅力です。

電子制御で安全性は高いものの、タイヤのグリップを意識してコーナリングを駆け抜ける興奮はミッドシップに乗ったことある人しか味わったことのない運転する喜びでしょう。

ロードスターがスニーカー、S660はマラソンシューズくらいの違いでしょうか。ロードスターが景色を楽しむクルマなら、S660は走るの爽快感を楽しむクルマといえるでしょう。

ドライブをスポーツとして楽しみたいのならS660ですが、背中にマウントされたエンジンは、音こそ軽自動車の割に頑張っているのですが、長時間のドライブではただの騒音になります。

S660は、走ること以外に興味が無い。ステアリングを握るとスイッチが切り替わる。そんな人向けのクルマなのかもしれません。

ロードスターのオススメグレードは?

選ぶなら最低限の快適装備を搭載しているSスペシャルパッケージか、競技向けモデルのNR-Aですね。

Sグレードは990kgと軽量ですが、装備面が貧弱でトルセンLSD、スタビライザーなど安定走行のための装備から、オートエアコンなど快適装備までオミットされています。

快適装備がいらない人は、LSDやスタビが必要な人はビルシュタインダンパーや大径デスクでブレーキング性能を高めた、NR-Aを。

快適装備が必須ならSレザーパッケージ以上を選びましょう。

競技用をうたうNR-Aモデルでもエアコンやキーレスなど最低限の装備は搭載されているので、快適装備は割り切れるという人にはコスパに優れたモデルです。

Sは装備面を割り切れるなら良いのですが、Sスペシャルまでは装備面で不満が残ってしまうかもしれません。Sグレードは予算と相談してできるだけ上のグレードを狙っていきましょう。

コペン・S660・ロードスターどれを選ぼう?

価格
コペン>S660>ロードスター

走る楽しさ
S660≧ロードスター≧コペン

オープンの開放感
コペン=ロードスター>>S660

オープンの手軽さ
コペン≧ロードスター>>S660

ロードスターはタルガタイプの電動オープンモデルをリリースする予定です。開放感は劣りますが、手軽さはアップするでしょう。

スポーツカーとしてのバランス
ロードスターNR-A>>S660>>>コペン

個人的にはコペンとロードスターを比較して、FFかFRか電動か手動かなど自分のニーズに合った車種を選ぶと良いと思います。

S660は指名買いのクルマかな、と感じます。

まとめ

コペンやS660も魅力的なクルマです。何より軽自動車の経済性はセカンドカーの需要とマッチしますし、家族の理解や承認を得られやすい交渉材料になります。

ですが価格面で言えば軽自動車よりも値引額が見込める分、その差を小さくすることは不可能ではありません。

どうしても欲しいけど、家族が価格面で許可が得られないことを営業に伝えてみると良いかもしれません。

価格面でどうしても折り合いがつかないのであれば、下取り車を買取サイトで査定するのも一つの手段でしょう。

下取りより高く買取りしてもらえたり、ディーラー側が提示価格を引き上げる交渉材料にもなります。

見積もりはただなのですから、安くクルマを買うためにも積極的に利用していきましょう。査定員の買取店事情など業界話を聞くのも面白いですよ

スポンサーリンク