3度の飯よりクルマが好き!

自動車の錆が発生する原因は?メンテナンスはどうすればいいの?

car-rust

愛車を長く乗っていると気になってくるのが錆の問題です。

なぜ錆は発生するのでしょうか?

この記事では錆をどうやって防ぐか、どのようにメンテナンスしていくべきかを紹介します。

錆が発生する原因は?

何故錆が発生するのか、おおまかに現在の自動車の防錆対策について説明します。

自動車のボディーは大部分に「防錆鋼板」と呼ばれる鉄の表面を亜鉛などでメッキした鋼板が使用されています。

この鋼板上に化成処理・下塗り塗装・中塗り塗装・上塗り塗装といくつもの塗装が施されて錆を防いでいます。

また水が溜まって錆が発生しやすい箇所には防錆ワックス、鋼板の角など錆びやすい箇所にはシーリング材、石跳ねで傷の付きやすいアンダーボディーにはアンダーボディーコートなど様々な対策が施されています。

錆の発生する要因としては、以下に挙げた事例が多いと考えられます。

  • 傷による塗装の剥げ、ボディーをこすったり石跳ねなどの影響
  • 雨で一部分に水がたまったまま長期間放置した
  • 塩分(特に海沿い地域などでの放置)や融雪剤などがボディーについたまま放置した

傷による錆への影響

前述しましたが、自動車のボディー(主に塗装された外側面)は下図のようになっています。

sabi1

かすり傷程度で塗装の部分までの軽い傷であればまだ錆は発生しませんが、鋼板内部の鉄まで達する深い傷であれば確実に錆が発生します。

また石跳ねによる傷についてですが、石跳ねで損傷を受けるのは自動車の下部、アンダーボディーと呼ばれる部分で、こちらには石跳ねによる損傷を防ぐためにアンダーボディーコートというものが施されています。

石跳ねがアンダーボディーコートの施されていない部分に当たればもちろん錆の発生する要因となります。

またアンダーボディーコートも永久にその効果が持続するものではありませんので、10年を目安に考えておくのがいいでしょう。

水がたまったことによる影響

これは主に自動車の内側の要素となります。

例えばドアの場合、水の溜まりやすい下部は下図のような構造になっています。

sabi2

内側(インナーパネル)と外側(アウターパネル)が接着剤にて接合された構造になっており、下部の○で囲った部分が水の溜まりやすい場所です。

この部分には防錆ワックスを施すなどの防錆対策が取られますが、水が溜まったままで放置すると水が浸透して錆の原因となります。

一度錆が発生すると最悪の場合外側まで進行し、穴あき錆と呼ばれる貫通した錆になってしまうのです。

塩分や融雪剤などの影響

錆というものは化学的には鉄と酸素が結合して、酸化鉄になった赤茶色の状態をいいます。

塩分(塩化ナトリウム)や融雪剤(塩化カルシウム)は、鉄と酸素の結合を促進するため錆が出やすくなる原因です。

塩分は海沿いでしばらく駐車していたら付着します。

融雪剤は降雪の多い地域などに行くと道端においてあるのを見かけることがあると思いますが、積雪の時期に自動車を走らせると融雪剤が付着することになります。

こういったケースではすぐに洗車することが必要です。

少し話は変わりますが、鳥のフンが良くないということを聞かれることがよくあると思います。

これは鳥のフンが強い酸性を示すため、自動車の塗装を侵してしまい、塗装の剥げや膨れの原因になってしまうからです。

鳥のフンを落とされた場合もすぐに除去しましょう。

錆びた部分の修復は?

傷が付いているだけでまだ錆が出ていない場合には、ワックスやクリアコートなどでまず応急処置をすることをオススメします。

すでに錆が出てしまっている場合には、その錆を取り除きましょう。

鉄の錆は深さ方向に進行する特徴がありますので、表面を塞いでも奥に錆が進行してしまうからです。

ボディーの外側の部分の錆であれば錆びた部分をやすりがけなどで取り除いたのちに、塗装を行うことで修繕が可能です。

但し、錆が内側から進行して外側まで出てきてしまっている場合には錆が貫通してしまっている可能性が高いので、その部分のパーツの取り換えが必要となります。

自動車が錆びないように維持するためには

傷が付いたらまず応急処置

傷が付いている部分は塗装が剥げていますので、放っておくといずれ錆の原因となります。

錆が出る前にワックスやコート剤などで応急処置を施しましょう。

錆が出た部分は錆を取り除く

錆が出てしまっている部分は外側から塞ぐだけでは錆の進行を食い止めることはできません。

錆を取り除いてから処置するようにしてください。

塩分・融雪剤の付着はすぐに洗車

塩分や融雪剤が付着した状態は錆の進行速度が急激に早くなります。

海水浴やスキーに行った後などはすぐに洗車するように心がけましょう。

さらには鳥のフンを落とされた場合もすぐに除去してください。

定期的に車を動かすこと

車の内部に水が溜まっている場合や湿気がこもっている場合、長期間放置すると錆が進行します。

定期的に車を走らせることで車の内部にも風が通りますので、錆の進行を和らげることが可能です。

アンダーボディーコートの定期的な施工

これは少しお金がかかる話ですが、どうしても石跳ねで車の下部には傷が付いてしまいます。

10年くらいを目安にアンダーボディーコートは再施工しましょう。

自動車の錆についてまとめ

自動車の防錆技術は年々進化していますが、古い車を大事に乗っていらっしゃる方も多いです。

昔の車の方が錆びやすいのは事実ですが、大事に扱っていれば錆びずに維持することも不可能ではありません。

海沿いの地域や降雪の多い地域に住んでいる方は、特に自動車の錆に対するケアが必要となりますが、ぜひ愛車をいたわって快適な自動車ライフを送ってくださいね。