3度の飯よりクルマが好き!

高級感と開放感を両立したトヨタSAI!ミドルサイズセダンとして人気が出ている理由とは?

毎年販売台数のトップに名を連ねるトヨタのハイブリッド車、プリウスとアクアは知らない人がいない程ですが、そのプリウスに続くハイブリッド専用車の第2弾として2009年に発売されたのがSAI(サイ)です。

各モデルで月20,000台以上を販売するプリウスやアクアと同じく、SAIもトヨタ全系列のディーラーで販売する戦略モデルとして発売されましたが、新車効果が薄れると販売は低迷し、2012年には月販平均700台弱にまでなってしまいます。

販売不振に陥ったものの、最近は徐々に人気が出てきているようです。

この記事では隠れた実力を持つSAIの「遅咲きの魅力」をご紹介します。

SAIはどんなクルマ?人気が出なかった理由は?

「小さな高級車」として企画されたSAIはプリウスの上級モデルとして発売されました。

レクサス初のハイブリッド専用車「HS250h」とは姉妹車の関係です。

発売当初の人気が維持できなかった一番の理由はSAIのエクステリアデザインです。

先進的なイメージを表現したプリウスのエクステリアに比べ、SAIは凡庸なフロントマスクと特徴の無いデザインで街中で埋没してしまうほど地味でした。

もう一つの理由は初期型の338万~437万円という高めの価格設定です。

SAIの発売の前にレクサスHS250hが販売され、SAIは発売当初から「HS250hのトヨタ用廉価版」のイメージがつきまといます。

廉価版イメージの割にはカムリや2010年発売のレクサスCT200hと同価格帯のため、ハイブリッド専用車の利点も薄れ、ユーザーも積極的にSAIを選ばなくなりました。

戦略上手なトヨタがこの状況を黙ってみているわけはなく、2013年のマイナーチェンジで不評だったエクステリアを大胆に変更しています。

フロントとリアのデザインを迫力のあるデザインへ変更し、内装も素材変更などで高級感を増して価格相応の個性と付加価値を身に着けたのです。

SAIの性能と特徴

フロントマスクはマイナーチェンジ前と比較すると、別の車といっても過言ではありません。

特徴的なヘッドライトはLEDの超ワイドタイプを新規に開発し、中央のエンブレムを挟んで左右をつなぎあわせ、全幅いっぱいまで横一直線になっています。

点灯するとエンブレムからシャープに切れ上がるラインが浮かびあがるデザインです。

リアもガーニッシュを挟んでランプが左右につながる同様なデザインで、夜間に赤色のラインが光ります。

フロント・リアのバンパーも左右が大きくえぐられ、エアロパーツを装着したカスタムモデルのようになりました。

ボディサイドやキャビンのデザインは変更されていませんが、スポット溶接の増し打ちや構造材の追加などで剛性をアップ。

ボディ剛性の向上は直進性やハンドリング性能といった操縦安定性に寄与し、サスペンションのセッティング変更やパフォーマンスダンパーも追加され乗り心地も向上しています。

パワーユニットは2モーター式THSⅡでプリウスと同じハイブリッドシステムですが、エンジンは1.8L直4ではなくアトキンソンサイクル2.4L直4になります。

燃費も前期型から1.4km/L伸び22.4km/Lと、ハイブリッドならではの低燃費性能です。

インテリアについてはインパネからセンタークラスターが張り出し、上下2段の構造となる特徴的なデザインになっています。

SAIのインテリアは木目調パネルの面積が大きく、アルミ削り出しのダイヤルなど高級オーディオを思わせる内装です。

シートのファブリック素材も上質で、エンジとベージュのコンビ色「茜(アカネ)」やブラウンとエンジのコンビ色「フラクセン」など、他のモデルには無い特色のあるカラーが準備されています。

センタークラスターにはエアコンなどの操作パネルのほか、T-Connectナビを装着するとスマートタッチの操作部が付き、視線移動を最小にしながらナビなどの操作が可能です。

グレードと価格帯

グレードは以下の4グレード(税込)です。

  • S (330.4万円)
  • S”Cパッケージ” (340.7万円)
  • G (393.8万円)
  • G“Aパッケージ” (433.9万円)

前期型の反省を生かし、エントリーグレードは装備を向上したうえで価格が引き下げられています。

クラウンハイブリッドとプリウスの中間車種

SAIはプリウスでは高級感が足りず、クラウンではサイズが大きすぎ運転しにくいと感じる中高年ユーザーに人気があります。

ボディは全長4,695mm×全幅1,770mm×全高1,485mmで新型プリウスよりも一回り大きいサイズになっています。

プリウスと大きく違うのは走行性能で、2.4Lエンジンによりパワー全体の厚みと余裕が違い、特に高速域での力強さは確実にプリウスを上回ります。

足回りは硬めで締まっていますが、路面の凹凸からの衝撃は角が取れていて快適な乗り心地を実現しました。

居住性については空力を優先したデザインで若干窮屈なプリウスに比べ、SAIは開放感があり居心地の良い室内空間です。

プリウスより全高も高く、リアシートのヘッドクリアランスや足元周りにも十分に余裕があります。

SAIの上位モデルはクラウンハイブリッドです。

ボディサイズもパワーもクラウンが上回りますが、SAIも「小さな高級車」としての実力を見せます。

室内寸法(室内長×室内幅×室内高)はクラウンが1,975mm×1,510mm×1,190mmに対し、SAIは2,040mm×1,505mm×1,210mmと幅を除けばSAIが上回ります。

ドライブシャフトが貫通するFRのクラウンの後席と違い、FFのメリットを生かし後席足元はフラットな床面です。

トランク容量もクラウンハイブリッドの405Lに対し、SAIは429Lとパッケージング効率の高さがうかがえます。

※9.5インチ×47インチのゴルフバッグ4個を収納可能※

SAIは吸音材や遮音材をふんだんに使い、静粛性もクラウンと同等かそれ以上になり、クラウンと同じくトランクフード裏面にも遮音材が貼られているので隙がありません。

徐々に人気が出ている理由とは

内外装の変更により個性を得たSAIは、中高年ユーザーだけでなく欧州ブランド車と比較して購入するユーザーなど幅広い層から注目されています。

その実力は個人ユーザーだけでなくタクシー業界でも認められ、法人タクシーや個人タクシーでも車両としての採用が増えているのです。

タクシーの大半はクラウンコンフォートなどタクシー専用車両でしたが、最近では企業としての環境問題への配慮をアピールするため、プリウスのようなハイブリッド車を採用するタクシー会社も多くなっています。

プリウスは燃費が良く維持費が安いですがタクシー車両としては後席が狭く、リアドアの開口部も小さいため乗降性がよくありません。

5ドアハッチバックのため荷室と座席が同じ空間になり、車内騒音も大きめで乗り心地も固めになります。

SAIは同じハイブリッド車でもトランク付きの4ドアセダンです。

リアドアも大きく、広くフラットな後席はタクシー用途に向いています。

車内の静粛性もプリウスとは比較できないほど静かです。

燃費はプリウスに劣りますが、クラウンよりも燃費は良いので維持費の面でもメリットがあります。

SAIのもう一つの人気の理由が環境への配慮です。

車室内表面積の80%にサトウキビ由来の再生可能なエコプラスチックを採用している為CO2の排出を抑え、石油資源の節約にもつなげています。

また樹脂部品のうち約33kgがリサイクル可能な材料で作られており、これは3代目プリウスの5~6倍の使用量です。

燃費だけでなく、製造する素材にまで環境に配慮した車は今のところSAI以外にありません。

環境性能にこだわったSAIは環境保護をアピールするにはうってつけで、タクシー車両での採用が増えているのもうなずけます。

まとめ

SAIの車名の由来は環境性能や安全性を持つ才能の「才」、上質感をお洒落・シックに演出する彩りの「彩」という開発コンセプトを表す2つのキーワードからきています。

発売当初は「才」がメインの車で「彩」が不足していました。

大規模なマイナーチェンジで、一気に「彩」を取りもどし魅力ある車に生まれ変わっています。

車の大きさと装備だけで選ぶのではなく、自分なりのこだわりや価値観をもって車を選択する人には満足度の高い車です。

スポンサーリンク