3度の飯よりクルマが好き!

スクラップ業者の廃車買取相場は?名義の違う車は廃車出来るの?

車の廃車、スクラップ業者の相場はいくら?

haisya-kaitori

車を廃車にしたいと考えた場合、気になるのが買取価格です。

レッカー代、スクラップ代を無料のところを選んだら、あとは買い取り価格をそのまま受け取ることが可能となります。

この廃車買い取りの相場はいくらなのでしょうか?

相場としては、普通乗用車で1万~3万円、軽自動車で3千円~1万円といったところです。

スクラップにするぐらいの車ですから、鉄くずとしての値段がどれぐらい付くかでしょう。

廃車を考えるレベルの車であれば、それほど高い値段はつきません。

ですが、上手に一括見積り登録を使ってレッカー代やスクラップ代が無料の業者を見つければ、廃車しようと思っていた車が現金になるのです。

これは非常に嬉しいことではないでしょうか。

依頼する業者や車種、地域等によって変動する

これらのスクラップ相場は、業者によって全く異なります。

こちらがお金を払う必要がある業者もありますし、良心的なところはいくらかお金を払ってくれます。

スクラップ相場は業者によってまったく異なり、車種や地域によっても変動します。

ですので、一括見積り登録で、自分の廃車にしようと思っている車がいくらぐらいの値段がつくのかをチェックしましょう。

一括見積り登録そのものは無料です。

廃車の手続きとスクラップ業者への依頼はどっちが先?

廃車自体の手続きとスクラップ業者への依頼は、先にスクラップ業者に依頼するのが優先となります。

なぜなら、廃車手続きの際には移動報告番号と、解体報告記録がなされた日の二つのメモが必要だからです

先に解体業者に車の解体を依頼して、車を処分してから陸運局で廃車の手続きを行います。

自分で廃車?買取業者に依頼?どっちがいいの?

廃車を行う際には、自分で行うか買取業者に依頼するかのどちらかになります。

その際、時間と手間を惜しまないのであれば、自分で廃車にすることが最も費用の面からも安心です。

業者に支払うべき手数料も掛かりませんし、税金の還付がありますので、その分だけお金が戻ってきます。

ただし、それ相応の時間と手間が掛かるので注意が必要です。

買取業者に廃車を依頼するメリット・デメリット

一方で、買取業者に廃車を依頼した場合のメリットとデメリットを考えていきましょう。

メリット

まずメリットとしては、言われたままの書類を集めるだけでよく、書類も先方でほとんど準備してもらえます。

何も考えずにただ依頼するだけでいいのが業者に任せるメリットです。

また、時間を有効活用できますので自分で廃車にする時間と手間を考えると、その分他の事に時間を割くことが可能となります。

デメリット

買取業者に依頼することのデメリットはあまりありませんが、強いて言うならば、税金の還付等が受けられない事です。

業者に依頼するとお金の面で損するので、金銭的には明らかに自分で行った方がお得になります。

廃車日時点で、一ヶ月以上の車検が残っていれば、税金の還付を受けることが可能です。

自分でやる手間を惜しまないのであれば、税金の還付等が受けられる自分での廃車をおすすめします。

名義の違う車は廃車出来るの?

すなわち、車の使用者と名義人が異なる場合です。

その場合は、名義変更をしてから抹消登録をすることになります。

この抹消登録を、移転抹消と言います。

家族の車は?

家族の車であっても、名義人が違う場合は勝手に廃車にできません。

その場合は移転抹消を行って、名義を自分の物にしてから廃車する必要があります。

名義変更手続きは

  • 申請書
  • 旧所有者からの譲渡証明書
  • 手数料納付書
  • 新所有者の印鑑証明
  • 新所有者の実印

これら必要書類等と手数料を加えて申請します。

それにプラスして、永久抹消登録に必要な

  • 所有者の印鑑証明
  • 委任状
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 移動報告番号と解体報告記録が書かれた日のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申請書

これらを準備して、通常の廃車登録と同じように廃車していけば大丈夫です。

友人や親族から頼まれた車は?

友人や親族から廃車をお願いされた場合は委任状が必要です。

名義人の印鑑証明とその実印が押された委任状があれば、あとは通常の手続きで廃車が可能です。

所有者以外の方が陸運局に出向くわけですから

  • 所有者の印鑑証明
  • 車検証
  • 前後のナンバープレート2枚
  • 業者から受け取った移動報告番号と解体記録日のメモ
  • 委任状

が必要です。

その他の申請書などの書類は、当日に陸運局で準備出来ます。

車の所有者が亡くなった場合は?

車の所有者が亡くなっている場合の廃車手続きは、車の買取業者に廃車手続きを依頼するのが一番手間がなく、確実に行えます。

自分で行う場合は車を相続する必要があります。

自動車の相続手続きには

  • 遺産分割協議書

書式等は定められていませんので、ワードなどで作成するだけで大丈夫です。

必要事項がすべて書かれている必要があります。

  • 戸籍謄本

被相続人(死亡した方)と相続人の全員が確認できるものが必要です。

  • 印鑑証明

自動車を相続する権利を持っている人の印鑑証明が必要になります

発行後3ヶ月以内の物を用意しましょう。

  • 住民票

相続人に未成年の人がいる場合には、その方の住民票が必要です。

その他廃車に必要な書類は、当日陸運局に行くことで揃えられます。

最短で書類を集めても廃車には時間と手間が掛かりますので、このケースは業者に依頼したほうが良いでしょう。

また、全く関係のない人が亡くなって、その車を廃車しようと思うと大変です。

その場合は業者に依頼して、すべて任せるのをおすすめします。

最後に

スクラップ業者の買い取り相場は1万~3万程度ですが、廃車する車の状態によっては部品取りに使えるため、10万の値がつくこともあります。

まずは一括見積り登録で複数の業者に見積りを取って、どこがいちばん高い値段を提示してくれるかチェックしてみるといいでしょう。

意外な値段が付く可能性があるので、まずは依頼してみることをおすすめします。

スポンサーリンク