3度の飯よりクルマが好き!

多彩なシートアレンジが可能にする、日産セレナの広々室内空間

serena

日産セレナはホンダのステップワゴン、トヨタのヴォクシー&ノアと熾烈な販売競争を繰り広げているミニバンです。

ではその人気の理由とは一体何なのでしょうか?ここではその理由について説明したいと思います。

ミドルサイズのミニバンでは最大級の室内空間

ミニバンを選ぶ上で多くの方がまず気になると思われる室内空間はどうなのでしょうか?

最大8人乗りともなると1列、2列目に座った人は広々と快適に座れますが3列目はどうしても狭くなりがちです。しかし3列目のシートも奥行450㎜あり、また高さも約1000㎜あることから余程身長の高い人でない限り圧迫感を感じることなく座ることが可能だと思います。若干床下と座面の間隔が足りない為に膝が持ち上がってしまうと言う難点があるのですが、それでも同クラスのミニバンでは最大級の広さなのです。

またインテリアは全体的に落ち着いたイメージが取れますが、ガラス面が大きく視界も広い為に室内が明るく開放感があり、リラックスした時間を過ごすことができるでしょう。

フレキシブルに対応できるシートアレンジ

最も注目する点はその多彩なシートアレンジでしょう。

乗車人数や荷物に合わせてスライドやリクライニングを行い、その時その時の状況に合わせた室内空間を作り出すことが出来ます。

スマートマルチセンターシート

1⇔2列目間のスライドが可能なシートで、2列目中央にセットすれば2列目が3人乗り可能になり、軽食やドリンクを置くのに最適なテーブルモードにも変形。肘を置いてまったりしたいなと言う方にはアームレストになる優れものです。

車の昇降時に便利

誰しもが3列目から降りるときに思うことが「降り辛い」でしょう。

2列目のシートの間をそのまますり抜けるのは不可能に近いです。(余程2列目のシートが前に出ていなければ厳しいと思います。)

仮に降りれたとしても狭い為に苦戦を強いられるのは必須ですが、セレナの2列目左側シートは横方向へもスライドができるので車の昇降時に便利な機能でしょう。またこの横方向へのスライド機構により2⇔3列目間の移動も楽々です。

快適な走りと低燃費

排気量2.0LのMR20DDエンジンを搭載し最高出力147ps/5,600rpm、最大トルク21.4kg·m/4,400rpmで一部のグレードを除きS-HYBRIDを搭載している為、スムーズな加速と走行性、低燃費を実現しています。

S-HYBRIDとは?

スマートシンプルハイブリッドの略称で広々とした室内空間と荷室への影響を無くし、低燃費を実現した省スペースのハイブリッドシステムです。本来バッテリー、モーター、ハイブリッドシステムとその占有する領域は広くなりがちですがS-HYBRIDはシンプル且つコンパクトにまとまっています。

全車標準の安全装備

安全な走行を提供する安全装備の二つがセレナには標準装備として全車に付いています。

エマージェンシーブレーキ

フロントカメラが前方の車両、歩行者を感知してドライバーへの回避操作を促すものです。減速できなかった場合には自動でブレーキを作動させて衝突を回避してくれる機能ですが、補助的な物です。

LDW(車両逸脱警報)

意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合に注意を促します。注意を促すだけなので勝手に進路の修正はしてくれません。

気になる部分を感じられないセレナ

特にこれと言ったデメリットを感じる事が出来ない車です。外装と内装、走行性能、室内空間の広さも文句を付ける所がありません。

コストパフォーマンスも良好なのだが

価格帯は2WDで約220万~350万、4WDは一部グレードの選択が出来ませんが+20万で購入が可能です。

ですが見積もりシミュレーションでオプションを追加した所、+100万オーバーに・・・折角買うなら充実した装備を、と欲張りに欲張ると値段が跳ね上がるので吟味する必要がありそうですが、満足できるセレナを仕上げるのに妥協はしたく無いですね。

家族と一緒に旅行する際に広々とした室内空間、その多彩なシートアレンジが可能にするフレキシブルな使い方が出来るセレナは、新しい家族の一員として迎えたい車となるのではないでしょうか?

スポンサーリンク