3度の飯よりクルマが好き!

車の下取り価格を高く引き出す交渉術とコツ

高い下取り価格を引き出すための交渉術

愛車を手放す場合の手段にも色々な選択肢があります。

まずは「新車ディーラーに下取りに出す」というやり方です。

そしてもう一つの方法は「中古車買取店に売却する」というものです。

これ以外にも、ネットオークションに出品するという方法もありますが、慣れない人には手続きが複雑ですし、個人売買はトラブルが起こった際の事を考えると面倒なことになります。

そのため大多数の人は「ディーラー下取り」か「買取店に売却」のどちらかを選んでください。

どちらが良いかとは一言では言えませんが、少しでも有利な条件で売却するためには、それぞれの特徴を念頭に入れた上でのテクニックが必要なのです。

大切に乗ってきた愛車は、できるだけ高い下取り価格を付けて欲しいもの。そのためには、損をしないクレバーな交渉術を身に付けておきましょう。

ディーラー下取りのおおまかな流れ

一昔前までは、「クルマを乗り替える」といえば、ディーラーに下取りに出すのが最も当たり前の方法でした。

新車を購入するとなると、古いクルマは不要になるので引き取ってもらう……という感覚ですね。

この場合、「クルマを売る」よりもまず「クルマを買う」事が前提となります。

流れを簡単にまとめると、

  1. 欲しいクルマをリストアップ
  2. その車種を扱っているディーラーを尋ねる
  3. 購入したいクルマの値引きも含め、ディーラーと下取り価格の交渉をする

という手順になります。

基本的に商談相手は「購入する車種を取り扱っているディーラー」に限られるので、下取り価格は対面での交渉が重要になるのです。

ディーラー下取りのメリット・デメリット

ディーラー下取りのメリットは、何といっても「手続きが簡単であるという点です。税金の問題や新しいクルマの登録まで、全てディーラーがやってくれるので、とても楽ちんです。

逆にデメリットは、「査定額が安い」ということでしょうか。

ディーラーによっては、未だに「下取りはサービスの一環」と考えている場合があるので、一般的に買取り店に売却するよりも低い査定額になってしまうケースが多いようです。

特に、そのメーカーのクルマでなかったり、外車の場合は買取店より査定額は抑えられる傾向にあります。

一括買取査定を使って、下取りの交渉材料を手に入れる

現在のように中古車買取り店が多くなかった頃は、ユーザーはクルマの査定額に無頓着でした。

新車を買ったディーラーに下取りしてもらうのが常識でしたし、「少しでも高く買い取ってくれるのはどこだろう?」なんて考えることもなかったのです。

ですから、ほとんどがディーラーの言い値で愛車を手放していたのです。しかし、今そんなやり方をしていたら間違いなく損をします。

街には中古車買取り店の看板や広告が溢れ、テレビやネットでは「一括査定」のCMが頻繁に放送されているので、ガリバーのような大手の買取店の名前ならご存じの方も多いはず。

つまり、誰でも自分の愛車の価値を簡単に知ることができる時代になったのです。これを利用しない手はありません。

勿論、「簡単に済ませたいからディーラー下取りでいいや」という人もいるでしょう。それでも、あらかじめ正確な査定額を把握しておけば、下取りでも有利な交渉ができるのです

一括買取査定サイト利用の流れ

自分の愛車の価値を知ろうと思った時、最も手軽に査定額を把握することができる方法は、「中古車一括査定サイト」を使うことです。

パソコンやスマホなどのネット環境があれば、簡単に査定の申し込みができます。

査定を依頼したからといって、絶対にクルマを売却しないといけない訳ではないので、すぐに手放す予定がない人でも気軽に試してみるのも良いでしょう。

一括査定の流れ(※これは一例で、サイトによって多少の違いがあります)

  1. 車検証を手元に用意
  2. インターネットの検索窓に「中古車 一括査定」と入力
  3. 複数のサイトがヒットするので、その中のひとつを選んで査定申し込みページにアクセス
  4. 必要な情報を入力します。

サイトによって多少の違いはありますが、

  • 自宅の郵便番号
  • 車両の種別(国産車、輸入車、商用車、事故車)
  • 愛車の詳細情報(メーカー、車種、型式、年式、グレード、走行距離、ボディカラー)

を入力して送信します。

数日後、複数の買取り会社から、見積り結果が届きますので、高い査定額を付けてくれた買取り店とアポを取り、実車を査定してもらいましょう。

あなたが希望すれば、査定員が家に来て査定してもらうことも可能ですし、その際の手数料もかかりません。

査定額に納得できたら、売買契約を結びます。

ただ、前もって頭に入れておいて欲しいのは、サイトでの見積もりと、実車を鑑定しての査定額とは必ずしも一致しないということです。

中古車の買取り価格というものは、平均的な「相場」だけでなく「個々のコンディション」にも左右されます。

あなたの愛車が同年式のクルマに比べて傷が多い・走行過多などマイナス要素があれば、当初の見積り額よりダウンしてしまう場合も。

もし、提示された査定額に不満なら、一旦断って他の買取り店に見積もりを依頼してもいいでしょう。

買取店に売らない場合の断り方

買取店もお仕事ですから、見積もりしても納得してもらえないお客さんの車は買取は諦めてくれます。

ですが、中にはしつこい業者がいるのも事実です。

断っているのに執拗に連絡してきたり、出張査定に来て今すぐ売却してくれと迫る……などという事例もあります。

もし買取り業者から迷惑行為を受けた場合は、あなたが利用した一括査定サイトに相談するのも一つの方法です。

集客をネットに頼る買取り業者にとって一括査定サイトは大切な窓口なので、ネガティブな報告をされることは避けたいものです。

ですから直接の苦情より、サイトに対してクレーム報告をしたほうがずっと効果的な場合もあります。

勿論、そのためには一括査定サイトを選ぶ時に、できるだけサポート体制の整ったサイトを選ぶ必要があります。

大手の買取店は企業イメージも大切しにしているので、無理な営業をしてきません。あえてガリバーやビッグモーターなど大企業にのみ見積り依頼をするのも手段かもしれません。

下取りと一括査定はどっちがいい? それぞれの比較

それでは結局のところ、ディーラー下取りと一括査定で売却するのとでは、どちらがお得なのでしょう?

単純に査定額だけを比較すれば、一括査定のほうが下取りよりも高い価格が付きます。

その理由は、多くの買取り店に見積もりを依頼することで、「あなたの愛車を欲しがっている店が見つかりやすい」ということです。

基本的にディーラーは新車を売ることが本業ですから、中古車を転売することに積極的とは言えません。

ですから、下取り車の査定額は、一般的な中古車の相場をベースに考えます。

しかし、買取り店はその時点での中古車のニーズを優先するので、「今、このクルマが欲しい」という店があれば、相場より高い査定額を付けることも少なくないのです。

それでは、ディーラーに下取りに出すことのメリットは全くないのでしょうか?必ずしもそうとは言えません。

クルマの状態や、時期によってはディーラーのほうが高く買い取ってくれるケースもあるのです。

ディーラーというものは、「中古車を仕入れたい」よりも「新車を買って欲しい」という気持ちのほうが強いのです。

ですから、一番新車を売りたいと願う時期に商談すればいいのです。

具体的に言うと決算前ですね。

3月と9月の決算の直前はどうしても売り上げが欲しいので、平均的な中古車の相場価格より高く下取りをしてくれる事もあるのです。

また、ディーラーは「下取りはサービス」と考えているので、買取り店では値段が付かない「ゼロ査定」のクルマでも、「新車を購入してくれるなら」といって買い取ってくれる場合もあります。

もし決算前の2月や8月にクルマを乗り替えるのなら、ディーラー下取りを検討してもいいでしょう。

少しでも高く売りたいなら一括査定サイトへ登録を!

愛車を手放す時の事情は人それぞれですが、1円でも高く買い取って欲しいと思う気持ちはみんな同じでしょう。

クルマの売却を検討している人は、迷うことなく一括査定サイトにアクセスしてみることをお勧めします。

費用は一切かかりませんし、査定してもらったからといって絶対に売らなくてはいけないわけではないのです。

中古車の価格というものは、日々、変動しています。

年式が古くなればなるほど価値が落ちるのは基本ですが、かといって全ての中古車が同じような右下がりのグラフを描くわけではないのです。

季節によっても、クルマの価値は上下します。新入生や新社会人などが増える春先には、クルマの需要も増えるものです。

特に若い人に人気のある低価格のリッターカーや軽自動車のニーズが期待できるので、2月~4月は販売店も仕入れを強化するのです。

したがって、その時期はコンパクトなクルマの査定額が上る傾向があります。

このように、刻々と変化する中古車買取り価格をリアルタイムに把握するには、一括査定が最強のツールだといえるでしょう。

売却を決心してから慌ててアクションを起こすのではなく、日頃から一括査定サイトで定期的に愛車の査定額をチェックしていれば、売り時を間違えることはありません。

少しでも高い査定額を引き出すためのコツは、愛車が最も高く売れるタイミングを見極めるという事に尽きるのです。

スポンサーリンク