3度の飯よりクルマが好き!

ディーラー下取りのメリットは?下取り派の人も車一括査定サイトを活用しよう!

ディーラー下取りにメリットはあるの?

あなたが車を売るときはどこに持って行きますか?

ほとんどの方は買取専門店に持っていくでしょう。買取専門店はディーラーに比べて買取価格が高い場合が多いので、車の売却先として人気が高いです。

ですがいまでも車の購入時にディーラーの下取りで車を手放す人が多数を占めます。買取店のほうが高く売れるので、ディーラー下取りは全くメリットが無いように言われていますが、そんなことはありません。

ディーラーで下取りを行うことは買取専門店に比べてメリットがある部分もあるのです。

ディーラーで下取りに出す際のメリット、活用法を紹介いたします。

ディーラー下取りは安いだけでメリットはない?

ディーラーの下取りは安いだけでメリットが無い。そう思われているのが一般的ですが、本当にそうなのでしょうか?

確かにディーラーの下取り査定は、買取専門店に比べると査定額では勝てないことが多いですが、場合によっては査定額で勝つこともあります。またディーラーは買取専門店ではないメリットもたくさんあります。

ディーラー下取りのメリット

ディーラーで下取りと行うメリットは主に3つあります。

下取り車引き渡しが納車のタイミングなので車が常に手元にある

買取専門店と比べて一番のメリットはここです。引き渡しと納車が同時なので、車が手元にない期間がありません。

車の生活に慣れてしまうと、車がないと何かと不便に感じてしまいます。車が必須な環境にいる人は仕事や通学にも支障が出てしまうでしょう。

車が手元にあるということは、環境次第で計り知れないメリットになります。売却と購入の手続きが一緒にできるので、スムーズで楽

また売却と購入が同じ会社になるので、手続きがスムーズでとても楽です。

買取店では売ると買うが別のお店になるので、2回の手間が入ります。これがディーラーだと1回です。車の価格にあまり興味のないお金持ちにはおすすめですが、これで数十万損するとなると、普通の人にはあまりオススメできない車の売り方でもあります。

下取り車しだいでは、意外な査定が出る

ディーラーでも買取専門店より高い値段が付くことがあります。

それは営業がとにかく今新車を売りたい、または下取り査定した車を欲しがっている顧客がいる場合です。

また、高めの下取り価格を提示することで、信頼関係が出来上がり自社の車に乗ってくれる可能性が上がります。車の状況や環境によって変わりますが、下取り価格と侮らず交渉をしてみると良いでしょう。

もちろんそのためには、愛車の買取相場を知らないといけません。

買取専門店のメリット

買取専門店のメリットは大きく分けて3つです。

ディーラーより高い値段で売却できる

買取専門店の1番のメリットですね。ディーラーで下取りをしてもらうよりも高い値段が付くことが多いです。

買取専門店はいかに高い値段をつけて、車を集めるかが商売のキーなので、買取価格はディーラーよりも高くなる傾向にあります。

オークション会場のタイムリーな相場や、全国展開している中古車販売網を駆使してより高く買取る仕組みを作っている大手買取店があるくらいです。

ディーラーの下取りにもメリットは多いのですが、売る売らないは別にして、10万単位で買取価格が変わる買取店に査定を出さないのはもったいないといえるでしょう。

廃車寸前の車での買い取ってくれる場合がある

ディーラーはボロボロな車だと、0円と査定されてしまい、下取りにならない場合があります。ちょっとぶつけてしまいボディは凹んだり、まどが割れたりすると簡単に買取不可能です。

買取専門店だとボロボロで廃車寸前な車でも部品取りとしてお金が回収できるので、数万円程度の値段は付くことがあります。

0円または廃車手数料を請求された車が数万円になるのは、天と地の違いです。

社外パーツがついててもマイナス査定になりにくい

車は機械です。突然エンジンが不調になったり、エアコンが壊れたりと修理が必要になる場合が多々あります。そうなると修理屋さんに持って行ってもらって修理をすることになるのですが、修理パーツが高額だからと社外品を使ったために、純正品じゃないくなってしまっている場合があります。

また車が好きな人だと、車高調や社外エアロをつけてる人もいると思います。

ディーラーに持って行くと純正品じゃない部品が使われているとあんまりいい印象を持たれません。

場合によってはマイナス査定になってしまうこともあります。

ディーラーは買い取る車にも一定の品質を求めています。

なぜならディーラーで販売するのですからその中古車もメーカーの看板を背負うからです。ディーラー中古車は保障も手厚いので、その品質を担保するために社外品を組み込んでいる車を極端に嫌います。

逆に買取専門店はディーラーのようなしがらみがないので、パーツが多少違うぐらいでは特に査定に影響されません。

このように見ると買取価格は買取専門店の方が高額になる場合が多いです。しかし、手続きの煩わしさや車がない期間を考えるとディーラーにメリットが全くないということはありません。

買取店との相見積もりで、高くなるケースも

ディーラーで下取り価格が上がると、買取専門店よりもメリットが多くなりますよね。

手続きも楽でスムーズに行われるので、ディーラーで下取りしたい人は多いと思います。少しでもディーラーで下取り価格を上げるために自分の車の相場を把握しておくことが大事です。

値段交渉

ディーラーに持っていく前にいくつかの買取店から査定をしてもらいましょう。複数回査定をしてもらうことで、自分の車の買取金額の相場を知ることができます。

自分の車の相場を知っておくことで、ディーラーに持って行った際に相場とどれぐらいの金額差があるのかわかります。

下取り金額に納得出来ない場合は、買取専門店で査定された金額を持って交渉してみましょう。

他よりも高い金額を査定している場所があると、ディーラーも値段を上げざるを得なくなるかもしれません。

また下取りの金額が上がらなくても、諸経費の交渉などをしてもいいかもしれません。下取り価格が限界でも、諸経費やパーツのサービスしてくれることもあるのです。

ディーラー以外で売りたくない人向け、買取店活用法

何度も言いますが、ディーラーと値段交渉する際は、買取価格の相場を知っておくことが重要です。

また相場を知る際は、どういった理由でこの値段になったのかをこと細かに把握しておきましょう。ディーラーで値段交渉する際に有利になります。

査定はネットの車一括査定サイトを使おう

ですが買取店に直接車を持って行って、買取査定を何社も繰り返すのは手間がかかり時間も非常にもったいないです。

社会人にとって仕事じゃない時間はとても貴重です。何店舗にも車を持って行って、査定をしてもらうと非常に時間がかかってしまいます。

なので買取店に査定をしてもらうのならば、ネットを使って査定するのがオススメです。

ネットの一括査定サイトを活用すれば、情報を入力していくだけで簡単に複数の買取店で査定ができてしまうので時間もかからず、店舗に直接持って行くよりもかなり楽に行えるでしょう。

複数に同時に問い合わせますから、実車査定も同時に行わせることで、査定の時間も省きつつ最も高い見積もり価格にも期待できます。

高額下取りを引き出したいなら一括査定サイトを使おう

ディーラーの下取りはメリットが多くあります。なのでディーラーでの買取金額さえ良ければ、ディーラーで下取りを行うべきでしょう。

だからこそディーラーの下取りで車を売却したい人ほど、買取専門店に相見積もりが必要なのです。愛車の相場を知り、どのような理由でこの値段になっているかを把握できるのでディーラーとの交渉が有利に進みます。

自分の車は納得できる値段で下取りしてもらうために、ぜひ車一括査定サイトを利用してくださいね。

スポンサーリンク