3度の飯よりクルマが好き!

ディーラーの見積に書いてある下取り査定料って何?

車を長い間乗っていると新しい車が欲しくなってしまいます。車を使っているといくら丁寧に運転していても傷がついてしまいますし、ガタも来ます。そうすると車の扱いがぞんざいになったり、運転する気分もだんだんと悪くなってきます。

ふとした拍子に、新しい車が欲しくなって、今乗っている車を下取り査定をして貰う人もいるかもしれません。ディーラーに下取り査定をしてもらった際に、見積書が発行されます。

その見積書の中に「下取り査定料」という項目があるのですが、この査定料は本当に支払う必要があるのでしょうか?

車の見積に書いてある下取り査定料とは?

この下取り査定料、金額は数千円から数万円と金額が決まっていません。この下取り査定料とは、ディーラー側が査定した際の手数料という名目です。つまり車をお見積もりした際の手間賃ということです。

ディーラーによっては査定料金が無料だったりしますが、下取り手数料を取るディーラーもまだ少なくありません。

手数料の扱いもまちまちなのです。

そもそも下取り査定料って払うべきなの?

この下取り査定料金は、ディーラーが自由に金額を決めることができる手数料です。そのためディーラーのサジ加減で金額が変わります。

買取を生業にする買取専門店だと買取手数料の有無は競争力に繋がるため無料となる場合が多いですね。

それなのにディーラーだと下取り手数料が取られるのはおかしいですよね?

ディーラー営業や整備士の手間賃と考えると、ある程度納得もできますが、価格の折り合いがつかなくてキャンセルしたら請求されません。

査定工数の料金なのにキャンセルしたら請求されないことからも、本来下取り手数料を払う必要はないといえるでしょう。

下取り査定料を払いたくない!交渉はできるの?

この下取り手数料に不安があれば、交渉してみましょう。

「他のディーラーだと請求されなかった」

「買取業者だと無料でやっている」

などと言って営業マンに話してみましょう。交渉可能か否かは、そのディーラーの方針であったり営業マンによって変わってしいますが、実際に無料になったケースもあるので、一度は交渉を持ちかけてみましょう。

下取り手数料の内訳をきちんと説明してもらう

ディーラーの下取り査定料金は、支払う必要はありません。

もしディーラーに下取り査定料を要求されたらしっかりと払わないという意思を示しましょう。下取り査定料はディーラーの交渉カードの1つとしてある可能性もあります。

営業マンもたった1万円程度の査定料が原因で、新車契約が取れなくなるのは避けたいはず。

自分の意思をしっかりと表明することで不要な料金がなくなる可能性が上がります。

もしどうしても下取り査定料が必要なら、なんで必要なのか聞きましょう。自分で納得いってない状態で下取りに出す必要はないので、自分が納得のいくまで説明してもらって下さい。

査定料カット交渉に買取店の見積を持って行こう

いくら交渉しても下取り手数料が無料にならない場合も多くあります。そんなときは無理をしてディーラーに売る必要はなく、査定料無料の別のディーラーや買取専門業者に売却すべきです。

また今の時代だと、わざわざ店舗に車を持って行って見積もりをする必要もなく、インターネットにある買取サイトで手軽に無料で査定見積もりが可能になります。

インターネットですから、24時間受付が可能で、家にいながらでも車の価値をしることができるのです。自分がやることは、手順に従って、必要事項を記入していくだけ。

簡単にできるので1つのサイトだけに見積もってもらうんじゃなく、複数のサイトで見積もってもらいましょう。

サイトによって見積もりの金額が違いますし自分の車の相場がわかるので、ディーラーに下取りをしてもらう際も有利に交渉を進めることができます。

ですが1店舗ずつ情報を入力していくのは大変なことです。

そこで車一括査定サイトを活用してください。

見積もりたい車の情報を入力すると、複数社が見積もりをしてくれます。

愛車の相場は日々変動します。車一括査定サイトで手間をかけず愛車の価値を見積もってディーラーとお交渉材料を手に入れましょう!

スポンサーリンク