3度の飯よりクルマが好き!

喫煙車は下取り査定に影響するの?

喫煙者の方にとって車内でタバコを吸うことは普通のことでしょう。喫煙に対して風あたりが強くなったとはいえ、愛車の中でタバコを吸ってはいけないというルールはありません。

愛煙家の方で車の中だけはタバコを吸わないなんて人、まずいないですよね。ですが車内でタバコを吸うと車を下取りに出す際に影響があるとすればどうでしょうか?

買った車を一生使うことは、まずないでしょう。もちろん車を非常に大事に使う人もいるでしょうが、車の寿命は「10万km、10年」と言われています。人生で車に乗る期間は30年ほどはあるでしょう。となると嫌でも車を買い替える必要があります。

車を買い替える際は、ほとんどの方は下取りに出して車の購入費用を抑えたいはず。その際に、「タバコの臭いがする」と言われて下取り査定額に影響が出るのはたまったものじゃありません。

このページでは、タバコの臭いがする喫煙車は下取りに査定にどのように影響するのかお話します。

喫煙は下取り査定に影響するの?

まず初めに結論から申しますと、喫煙車は下取り価格に影響します。やはり車内に入ってタバコの臭いがしたり、タバコのヤニが付いていたりすると下取り価格が下がってしまいます。

下取りされた車は中古車として売られ、別の新しい人に売られます。新しい人が車内のドアを開けると、タバコの臭いがきつかったりヤニが付いていたりすると、この車には乗りたくないと思うでしょう。

乗りたくないと思われるとその車に対しての人気が下がるので、市場価格も下がってしまいます。なので下取りに出しても値段を下げざるを得ないのです。

喫煙車は下取りが低くても買取ならどう?

「下取りに影響があっても、買取ならどうだろうか?」と思う人もいるでしょう。

ディーラーに下取りするのと違って買取業者は、車の状態が悪くても値段がついたりディーラーよりも高く買い取ってくれたりします。なので喫煙車でも大丈夫じゃない?と思うかもしれません。

結論を言ってしまうと買取業車でも査定額に影響されてしまいます。

ですが、ディーラーの下取りほど厳格に見られているわけではありません。ディーラーの下取りでは影響がある喫煙車でも、買取業者なら少しは割増で買取ってくれるかもしれません。

ですが買取店の傾向として禁煙喫煙にかぎらず、ディーラーよりも割高に買取りしてくれる傾向があります。これは一般的な査定アップであって喫煙車でも高く買取ってくれるわけではありません。

最近の度が過ぎた嫌煙傾向に愛煙家の肩身が狭くせめて車の中ではタバコを好きなように吸いたいものです。ですが残念なことにタバコの臭いが敬遠される時代となってしまいました。

喫煙車はどうしても査定が低く見積もられがちになってしまいます。

喫煙車の臭いを消臭したら査定に差がでるか?

これまでのお話から、喫煙車は査定額が下がってしまうことが多いです。一番の原因は、やはりタバコの臭いです。タバコの臭いは嫌いな人が多いので査定額にも影響が大きくあります。

なので下取りに出す際は少しでも車内の消臭を心がけましょう。

クリーニング業車に頼んだりして本格的に行う必要はありませんが、消臭グッズは数多くありますので使ってみてはどうでしょうか?

喫煙車は普通の状態の車と比べて、査定額に1万〜10万円ほどの差があります。

少し臭いが気になる程度だと1、2万円、車の扉を開けた瞬間に臭いが感じれるほどあると8,9万円ほど査定に影響されていると言われています。

数千円程度の消臭グッズで数万円査定額が上がる可能性があるので、下取りをする際は是非、消臭剤グッズなどを使って臭い対策をして下さい!

以下に臭い対策の方法に付いて簡単にまとめたのでご参考にして下さい!

  • 芳香剤

ドラッグストアなどで売っている芳香剤は臭いを一時的に取る手段としてはいいのですが、臭いの根源を断つわけではありませんので、臭いが取れたと思っても数日すると元に戻ってしまいます。使うときは車内クリーニングや消臭剤とセットで使うのがいいでしょう。

  • 消臭剤

私が一番おすすめしているのが消臭剤です。消臭剤は除菌とセットになっているものがほとんどで、置いているだけで臭いの根源を退治してくれます。そして消臭なので臭いもスッキリ!値段も数千円程度で購入できて費用対効果抜群なので、非常におすすめです。

  • 室内クリーニングの効果は

値段が高い割には効果があまり高くないと言うのが実情でしょう。室内クリーニングは数万円はかかりますが、それで上がる査定額も数万円程度です。場合によってはあまり変わらない場合もありますので、下取り対策の費用対効果としてはイマイチです。

愛煙家でも車内禁煙することで査定に差がつく

ここまでお話すると喫煙車は査定額に影響することがわかっていただけたと思います。下取りに出す前に消臭剤を使うなどして対策をすることは可能ですが、臭いが完璧に元に戻ることは残念ながらありません。

愛煙家にこのようなことを言うのは恐縮ですが、車内は禁煙してみてはどうでしょうか?

タバコを吸えないのは大変かもしれません。普段タバコを吸っていた人が吸わずに車を運転するようになると、運転中口さみしく寂しくなってしまうかもしれません。

いつも手に持っていたタバコがない…

これはストレスになってしまうかもしれませんが、車内禁煙することで下取り価格が高くなり得をすることを考えると、悪くない選択肢のはずです。

タバコをかなり吸うヘビーな喫煙者ほど査定額に影響があるでしょう。タバコ代を節約しつつ、下取り価格も上がるのでトータルで見るとかなりの額がプラスになるのではないでしょうか?

下取り価格を考えると、車内のタバコは控えたほうが良いでしょうね。

スポンサーリンク