3度の飯よりクルマが好き!

レヴォーグは走りと使い勝手を両立したツーリングワゴン!

レヴォーグ

走行性能の高さ・使い勝手の良さ・安全性能の高さと3拍子揃っている車です。

スバリストの言葉ではないかと疑ってしまうかもしれませんが、この記事を読み終ったら納得していただけるでしょう。どの車にも走る愉しさを追求する、スバルらしい拘りが詰まっています。

どんな車なのか?ここではレヴォーグの性能等を掻い摘んで紹介していきましょう。

走行性能は?

排気量1.6L・2.0Lのターボエンジンを搭載しています。ダウンサイジングターボなので、環境性能・燃費性能・パワー&トルクが高いのが特徴で、レヴォーグはスポーツカーと言っても過言では無い走行性能を発揮するのです。

以下に最大トルク・最高出力を図で表しました。

排気量 最大トルク 最高出力
1.6L 250N・m/1800-4800rpm 125kW/4800-5600rpm
2.0L 400N・m/2000-4800rpm 221kW/5600rpm

数値上では分かり辛いですが、1.6Lエンジンは2.5Lエンジンに匹敵する性能を持っています。2.0Lエンジンに至っては3.5Lエンジンに勝るとも劣らない性能を有しているのです。

2.0Lの場合、街乗りでは持て余してしまう程のパワーとトルクですね。

駆動システムはAWD

全グレード・全モデルの駆動方式はAWDのみになります。

1.6L仕様と2.0L仕様とではAWDシステムの中身が若干違うので、何が違うのかを見ていきましょう。

1.6L仕様モデルは”アクティブトルクスプリットAWD”

安定性重視のAWDシステムです。

路面や走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分してくれるもので、緻密なトルク配分により高い安定性を発揮してくれます。

2.0L仕様モデルは”VTD-AWD”

走りを重視したAWDシステムです。前後輪のトルクを前45:後55に、後輪へのトルク配分を増やすことでスポーツカーに乗ってる感覚です。

これにより前輪の負担を減らし、横方向のグリップを増やすことで、優れたコーナーリングを実現します。

また、走行状況に合わせてトルク配分を可変制御することで、直進時の安定性も高度にバランスさせています。

どちらも安定性を重視しているのが分かりますね。高いエンジンの性能に優れた駆動系、スバル車全般に言える事ですが、どの車も走る愉しさを提供してくれます。

燃費性能は?

両グレードの燃費を図に表してみました。

排気量 燃費
1.6L 17.6Km/L
2.0L 13.2Km/L

ターボエンジン+AWDでありながらこの燃費は高いと言えるでしょう。

上述したようにワンランク上のエンジンに匹敵する性能を有しつつ、この燃費性能を達成した事には脱帽せざるを得ません。

クラウン・アスリートの排気量2.5Lを比較対象として取り上げますが、10.2Km/Lの燃費性能に対し、レヴォーグの1.6L仕様は17.6Km/Lでありながら2.5Lエンジンと同等の性能を有しているのです。

2.0L仕様でも3.0Km/L勝っている事になるので、如何に優れた性能なのかが分かりますね。

アイドリングストップ機能が・・・

燃費性能に大きく貢献してくれる機能ですが、若干ストレスの原因になる恐れがある機能がアイドリングストップです。

最速0.35秒で解除されますが、信号待ちからの発進でイラッとするかもしれませんので、寛大な心で運転しましょう。

室内の使い勝手は?

走りを重視し過ぎて、室内の使い勝手を犠牲にしてるのではないかと思われるでしょう。しかし、その点は何も問題ありません。

前・後席の座り心地や膝周りのスペース、圧迫感を感じない座席間隔、ラゲッジスペースの広さがあります。特にラゲッジルームの広さはツーリングワゴンだけあって多くの荷物を積み込むことが可能です。そのラゲッジスペースの画像をご覧ください。

レヴォーグ トランク

5人分・小旅行程度の荷物であればお釣りが来る位には広いですね。

大型サブトランク

レヴォーグ サブトランク

これだけ広いラゲッジルームを用意しているにも関わらず、更に小物や背の高い荷物を積み込むことが可能になる収納スペースがあります。使い勝手の良さも折り紙つきです。

アイサイト・アドバンスドセイフティパッケージで安全性能も高い

アイサイト・アドバンスドセイフティパッケージがメーカーオプションにて装備可能で、高い安全性能を発揮します。

ステレオカメラにより前方を常に監視し、人や車だけに限らず白線やガードレールなども認識する事が出来るのです。その時の状況によりエンジン、トランスミッション、メーター、ステアリングなどを適切に制御して事故の予防、防止に貢献してくれます。

高い評価を得ている機能なので、付けておいて損はありません。

価格

価格帯は277万円~356万円です。個人的なオススメグレードは1.6Lならば1.6GT-S EyeSight2.0Lは2.0GT-S EyeSightでしょう。

前車は305万円、後車は356万円と高めですが走りと使い勝手を両立している為です。特に人目を引くLEDヘッドランプやアルミホイールなど装備も充実しています(見た目もカッコいい)。

大きな出費になりますが、買って後悔しない出来でしょう。

最後に

走りを求めるのであればWRXを買った方が良いですが、レヴォーグはファミリカーとしての充実した機能を備えた、優れた車であると言えます。ダウンサイジングターボが生み出す、凄まじいパワー&トルクでスポーツカーと言っても差し支えない性能、ツーリングワゴンなのかと疑いたくなりますね。

走行性能の高さ・使い勝手の良さ・安全性能の高さを兼ね備えた、素晴らしい車だと感じました。

スポンサーリンク