3度の飯よりクルマが好き!

WRX STI 2つのグレードの差は何?維持費はどれくらい掛かるのか?

WRX

今欧米で絶大な人気を誇るスバルで最もハイスペックなモータースポーツカー、それがWRX STIです。

過去に培ったラリーの技術をフィードバックした、これぞスバルといえるパッケージングのWRXは水平対向・ハイパワーターボ・低重心・左右対称設計による高次元のバランス、そしてどんな路面状況でも走り抜けるスバル自慢のAWDシステムとスバルの技術すべてを投入したフラッグシップマシンです。

スポーティと実用性を兼ね備えたWRX STIは、STIとSTI TypeSモデルの2種類のグレードが用意されています。

両グレード、約30万円の価格差はどこから来ているのでしょうか?買うのなら何方がお得なのかを、装備を比較しながら検討してみたいともいます。

STIとTypeSの違いは?

STI

STI

消費税込の価格が379万円となっています。後述する「アドバンスドセイフティパッケージ」込みの価格は396万円です。

TypeSとの違いは、ダークガンメタリック仕様の18インチアルミホイールくらいです。基本性能は全く同じとなっています。

TypeS

TypeS

価格は411万円で、「アドバンスドセイフティパッケージ」込みの価格は425万円です。

この30万円の違いの内訳ですが、1つ目にBBS製の18インチアルミホイール、2つ目に「ビルシュタイン製ダンパー」です。また、オールウェザーパックも標準装備で、フロントワイパーデアイサー・スーパーUVカットフロントドアガラス・ 撥水加工フロントドアガラスも装備されています。大型リヤスポイラーもTypeSは標準装備で、見た目がカッコよく、空力性能も高いです。

BBS製18インチアルミホイール・ビルシュタイン製ダンパーはSTIでは付ける事が出来ない、TypeS専用装備となっています。

WRX STIとランエボX(生産終了)との違い

ランエボX

WRX STIは三菱・ランエボXと良く比較されてきました。残念ながらランエボXの生産は終了しましたが、生産終了に伴う特別仕様車1,000台は完売、その人気が高かった事が分かります。

WRX STIとランエボXはお互い2Lターボエンジン、4WDと駆動系ではほぼ同格です。性能ではWRX STIは走行安定性が高く、対するランエボXの操作感は機敏で「無理やり曲がる」感じが強い、癖のあるハンドリングが特徴となっています。

加速性能ではWRX STIは加速がスムーズですが、ランエボXは低速からの加速に若干鈍さを感じます。WRX STIは設計が新しいので、全体的な性能に分があるのは致し方ない事です。

また、WRX STIは新車で購入できますが、上述したようにランエボXの場合、生産終了している為、中古でしか手に入りません。特別仕様車も出回っていて、ほぼ新車に近い状態で売り出している店もあるようです。

走行距離が5万Kmを超えている物でも、200万円以上の価格が並んでいて(年式にもよりますが)、程度の良い物は、安く手に入れる事が困難でしょう。

STIとTypeSどちらを買うべきなのか?

ではWRXはSTIとTypeSのどちらを買った方が良いのでしょうか?

装備の違いはBBS製18インチアルミホイール・ビルシュタイン製ダンパー・オールウェザーパック・大型リヤスポイラーの4つです。価格は30万円違いがありますが、この装備が車の性能に影響するのか見ていきましょう。

専用にチューニングされたビルシュタイン製ダンパー

ダンパー

車体剛性、足回りの頑丈さはTypeSの方が上です。ビルシュタイン製ダンパーはWRX STI専用にチューニングされたもので、走りを際立たせることを目的としていて、操舵性・乗り心地も勝っています。

STIは選択する事が出来ないので、TypeSがオススメです。

リヤスポイラー標準装備のTypeS

WRXリヤ

見た目もカッコいい大型リヤスポイラーは空力性能も高くなり、走行安定性が向上します。STIにオプションで装着すると5万円の負担増、標準で装備されているTypeSの方がお得ですね。

BBS製アルミホイールとオールウェザーパックは?

BBS製のアルミホイールはSTIでは選択不可、オールウェザーパックは視認性向上の為に付けておいて損はありません。

この4つの装備で30万円高で済んでいるのはお得ではないでしょうか?

ビルシュタイン製ダンパーは別購入すると約23万円です。調整も1から行うことになるので、その分の手間や工賃を考えると・・・これだけでも30万円の価値がある事が分かると思います。

以上の事から私はコスト面、性能面でもTypeSをオススメです。

しかし自分で手を加えたい!と言う方はSTIをオススメします。走りを追求したチューニングが施されてはいますが、自分でやらないと満足できない方もいるでしょう。

パーツを買ってきて取り付けたいと言う方も、TypeSの場合、折角の装備を無駄にしてしまう可能性があるので、STIの選択がベストです。

WRX STIの購入費用&維持費は?

TypeSでの購入費用総額は車両価格(標準オプションのみ)411万円+諸経費となります。

諸経費は大体30万程ですので、支払総額は441万円です。メーカー、ディーラーオプションを装着すると更に高くなりますから、予算オーバーにならない様に注意しましょう。

購入後の維持費は?

主に掛かる費用としてはオイル代と保険料、ガソリン代等でしょうか。車検費用も含め、全体でみると維持費は高めです。

オイル代は3,000~5,000Km程で純正オイルを定期的に交換すれば節約が可能です。カーショップで買って自分で交換すれば更に安く済むでしょう。選ぶオイルによって3,000円~5,000円/回と言った所です。良いエンジンオイルを選べば高くはなりますが、高品質、高級オイルを選ばなければ負担増の大きな要因にはなりません。

保険は車両保険の有無で負担増!

26歳以上の本人限定補償・年間走行距離10,000Km・ブルー免許・6等級で計算した場合、車両保険付きで年間約10万円になります。年齢・等級が低ければ更に上昇し、車の維持が辛くなる程の差が出てきますので、無計画の購入は絶対にやめましょう。事前に保険会社での査定をして、適切なプランを選ぶのは重要です。

車両保険の有無で大きく変動し、車両保険無しで同条件の場合は5万円程に下がります。もしもの事を考えると車両保険は付けておきたいですが・・・お財布と相談ですね。

燃費はどれくらい?

燃費性能はJC08モード計測で9.4Km/Lとなっています。ですが実燃費は8~9km/Lの報告が多いですね。

年間10,000Km走行×ハイオク105円/L÷9.4=111,702円/年となります。年間1万キロ走行する場合、月に約10,000円の燃料代がかかります。

この月10,000円の燃料代を負担に感じる人はこのクルマを持つことは諦めたほうが良さそうです。

それ以外にも色々お金のかかるクルマですから、気持よくハイオク満タンできるくらいにはお財布が暖かくないといけないでしょう。

水平対向エンジンのメンテナンス性

水平対向エンジンはその性質上、メンテナンスが困難なエンジンです。

実際にはエンジン自体によるものではなく、取り扱ってるメーカーが少ないのが原因となっています。

スバルディーラーで面倒を見てもらうなら問題ありませんが、トヨタやホンダのディーラーにおいてあった中古車を購入した場合は、修理・整備工場にメンテナンスの出来る整備士がいないなんて事も・・・。

また、水平対向エンジンはオイル漏れが酷いと言う事も聞いたことが無いでしょうか?これはシリンダーが横を向いている構造の為、パッキン部分が常にオイルに浸されているので起こる現象ですが、これはパッキン交換で簡単に治ります。それ故に大きな問題ではありません。

しっかりと車の健康チェックを怠らないようにしましょう。

タイヤ代

18インチのタイヤともなる値が張ります。

安値のタイヤでも約3万円~4万円前後と一本でこの価格。WRXのような馬力を受け止めるスポーツタイヤとなると、ざっと12万円~20万円弱を見た方が良いでしょう。

タイヤはクルマと道路をつなぐ唯一の接点です。低スペックのエコカーではありませんから、タイヤはいいものを選んであげてください。

他にもスタッドレスタイヤの購入や車税を考えると、年間最低20万円~30万円は用意しておいた方がいいでしょう。タイヤは頻繁に変える事も無いと思いますが、ローテーションも必要となりますので、細かな出費が重なってきます。

購入費用も掛かりますが、維持費も安くないので注意が必要ですね。

先進安全技術、アドバンスドセイフティパッケージはつけるべき?

メーカーオプションでSTI・TypeS共に装備できる先進安全技術、「アドバンスドセイフティパッケージ」とは一体何なのでしょうか?

この装備は「そもそも事故を起こしにくいクルマ」を目指し、WRX STIでは死角の見える化によって安全性を確保すると言う物です。

車体後部センサーにより後側方から接近する車両を、ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促す「スバルリヤビークルディテクション」。車線変更時にも同様に教えてくれます。また、駐車等の後退時に、後側方の車両を検知し注意を促してくれるのです。

サイドビューモニターもあり、ドライバーからの死角をカメラでディプレイに映し出し、左前方の様子を確認する事が出来ます。

他には「ハイビームアシスト」(ハイ/ロービームの自動切り替え)や、後続車のライトを眩しさを軽減する「自動防眩インナーミラー」等の機能も搭載していて、全方位への安全を確保しています。

最近はアラウンドビューモニター等、全方位の情報を視覚化するものが多くなっているので、若干時代遅れに感じてしまいますね。

装着による価格の変化は?

アドバンスドセイフティパッケージを装着した場合、STIで17万円・TypeSで14万円高くなります。日常で使う事をメインとしている方は、万が一の備えにもなるので付けておいて損はありません。

しかしサーキット走行を愉しむつもりの方は付ける必要が無いでしょう。個人的な意見ですが決して安くない装備ですし、ぶつけたり接触させたりして壊してしまったら元も子もありません。

この装備に掛けるコストを他にかけた方が無難です。

重量の増加はあるの?

アドバンスドセイフティパッケージに重量の増加はありません。正確には増加する重量が分からないためですが、スペック表等を確認した限りでは、重量増加は無いので装備しても問題ありません。

しかし上述したように高額なオプションになるので、しっかりと考えて決めましょう。

最後に

所見としては、まさにカッコ良い・走る・曲がるの三拍子が揃ったクルマです。

絶対に街乗りでは、その性能を全く発揮できないただの燃費の悪い車になってしまいます。

確かにカッコいいし、加速性能やコーナーの安定性の高さはインプレッサWRX譲りです。

WRX STIはサーキットを走らせるか、ラリーをやらせるべきではないかと個人的には感じました。

全体のバランスに優れたスーパーカーと言っても差し支えないWRX STIは、見る人ではなく、「乗る人」を魅了するハイスペックな車です。成程、スバリストが心奪われる訳ですね。

スポンサーリンク