3度の飯よりクルマが好き!

趣味や老後の旅クルマに!エブリィを車中泊で利用するなら商用車がオススメ?

every

近年の軽自動車の室内の広さや装備の充実は、リッターカーのヴィッツやフィットに負けないくらい立派なものになりました。

ホンダのNboxやダイハツのタントの後部座席の広さや内装への力の入れ具合は、軽自動車がすでに荷物を積んで運ぶ道具ではなくて、家族を目的地に快適に運ぶものだということがよくわかります。

そんな普通車化、ラグジュアリー化を進む一方スズキエブリィのように、今でも実用的な商用車のニーズも薄れていません。

内装や快適装備は後から手を加えるものとして、自分ごのみのアウトドア車やキャンピングカーに仕立てあげる楽しみがスズキエブリィには残っています。

エブリィの派手さはないけど、クルマとして最低限の装備が積まれたシンプルさは、夫婦の老後の旅行や、アウトドア趣味を楽しむための移動基地としての価値が高まりつつあります。

近年のキャンピングカーブームも手伝って、メーカー純正の車中泊オプションから、サードパーティ製の本格的なキャンピングカーキットまで用意されるスズキエブリィ。

休日家でじっとしていられない人や、セカンドライフはクルマで日本中を周りたい方は、走るリビングになるエブリィで車中泊を楽しむのはいかがでしょうか?

エブリィとワゴンどっちがいい?

エブリィワゴン

エブリィには商用ワゴンのエブリィと乗用車モデルのエブリィワゴンの2車種が存在します。

エブリィワゴンは、エブリィよりもファミリーが利用を前提とした装備を搭載した一般向けのモデルとなっています。

自動のスライドドアやキーレスエントリー、ドリンクホルダーなど普通の軽ワゴン車に装備されているものが当たり前のように搭載されているモデルです。

豪華になったシートにより、着席時の快適性は増します。ですが後部座席が平坦なフルフラットにならないため、車中泊をするためには純正オプションの車中泊用シートをその都度設置しないといけない手間が発生します。

また内装が豪華になった分車内スペースが若干狭くなってしまい、ほんの僅かながら居住性がダウンしてしまっているのもワゴンの残念なところです。

しかしあ快適に普段使い~アウトドア・車中泊までこなせる懐の広さはエブリィワゴンの長所とも言えます。快適性を損ないたくない、改造費にお金を掛けたくない。そんな人にはエブリィワゴンのほうがオススメです。

エブリィ

新聞配達や宅急便でお馴染みの運送用の商用車であることは説明不要ですね。

エブリィワゴンに搭載されている快適装備を取り払う代わりに、90万円台からの価格で販売されている潔いモデルで、このモデルそのもののファンも存在します。

道具として洗練された内装や、後部座席を割り切ることで生まれる広大なラゲージスペースは畳の設置も可能です。

車中泊で長距離を移動すると、どうしてか畳の床が恋しくなってきます。

自宅の畳で寝るのとおなじ感覚で布団を敷いて眠れるのはエブリィの最大の魅力です。

また、エブリィワゴンや他の軽ワゴンと違い、車中泊モードにするため運転席を潰す必要が無いため、防犯や防災面でもエブリィは有利になります。

就寝中にアクシデントに見舞われても、素早く運転席に乗り移りその場から離脱できる準備をしておくことは車中泊旅行の鉄則です。

安全のためにも、単純に車中泊ができる軽自動車を探すのではなく、車中泊中も運転席にすぐアクセスできるクルマを選んでください。

標準ルーフ・ハイルーフの違い

エブリィには全グレードに標準ルーフとハイルーフが設定されています。

  • 標準ルーフ 1,815mm
  • ハイルーフ 1,910mm

ハイルーフが95mm車高が高くなっています。

この95mmの違いでハイルーフを選ぶかどうかは、長尺物を立てて入れる機会が多いかできめていいでしょう。

子どもの自転車や、趣味のロードバイクを積む機会が多い人はハイルーフ車のほうが積み下ろしが楽になります。

特に学生の乗るママチャリは重たく乗せ降ろしも大変なので、開口部が高いハイルーフ仕様をオススメします。

注意点は、ハイルーフ車は車高が高くなり、カーブやブレーキ時不安定になりやすいため安全には注意して運転してください。

おすすめメーカー純正車中泊用装備

エブリィの純正アクセサリーの中には車中泊やアウトドア向けの装備も用意されています。

改造に当たらず、下取り面でも有利なることから、普段使いもしつつ休日に気軽に車中泊したい人はメーカー純正品を選ぶと良いでしょうね。

フロントプライバシーシェード

everyac

車中泊は覗き見や就寝中のクルマのライト、騒音など外界のノイズが多くなります。

完全に遮断することは出来ませんがプライバシーシェードを利用することで、最低限のプライバシーを守り、落ち着いて休息できる環境を作ることが可能です。

リアシェードと一緒に使うことで、エブリィを個室空間に出来ますので、あわせて購入すると良いでしょう。

また網戸が付いているため、キャンプ場では虫を気にせず窓を開けたまま寝ることが出来ます。騒音が気にならない人でも持っていて困るオプションではありませんね。

リアプライバシーシェード

everyac2

フロントとセットで真価を発揮するアイテムです。

どちらもエブリィ専用に作られていますので、隙間からの光漏れや虫の侵入を最小限に食い止めることが出来ます。

ベッドクッション

every3

エブリィワゴンは座席をたたんでも床面が凸凹です。

眠れないことはありませんが、非常に不快で体に負担がかかるのでエブリィワゴンで車中泊をする場合はこちらのベッドクッションを選択してください。

オプション料金としては高めの設定ですので、DIYが出来る人は自分で改造したほうが快適な空間ができるかもしれません。

ワゴンでも後部座席に改造を施せば運転席を潰さず2人就寝可能のベッドを作ることが出来ますし、その情報も先輩キャンパーたちがネット上で公開されていますから自分の好みの合わせてDIYするのもいいですね。

マルチルーフ

everyac4

エブリィがワゴンとは言っても、軽自動車ですからスペースに限界があります。

車中泊用の盲点なのですが、寝床を作たため収納スペースが不足してしまい、荷物に囲まれて寝なくてはいけなくなってしまいまうことがあるのです。

外出や旅行ですから荷物も決して少なく無いでしょう。

マルチルーフを設置することで、荷物や長尺物をじゃまにならない場所に移動させて室内を広く使うことが出来ます。

縦横の制限が厳しい軽自動車ですが、高さは広く設計されているので、上に広いスペースを活用しない手はありません。

車中泊にかぎらず普段使いでも便利なマルチルーフ。カー用品店や自作でも作ることが出来ますので、購入後手狭に感じてからでじっくり導入を検討してみてください。

エブリィは値引き交渉より下取り車を高く売る交渉を!

高い耐久性と広いカーゴスペースで、自家用車からキャンパーの車中泊、ビジネスでも人気のエブリィはもともと値引きが渋い軽自動車の中でも値引きが引き出しにくい車の一つです。

中古市場でも、趣味や仕事用の車として一度購入したら手放さない人が多い高値安定の人気車です。

スズキディーラーと付き合いが長い人で5~10万、一見さんだと0~5万以下といったところでしょうか?

エブリィは将来の売却価格が高いことから値引きも渋いため、値引きを狙ってガツガツ攻めず、下取り車を好条件で売却することに集中した方がいいでしょう。

多くの場合、ディーラーの下取りは足元を見た査定額を提示してきます。

インターネットで車の買取一括査定がメジャーになってきたにも関わらず、今でもディーラーでは世間の相場からかけ離れた買取価格を提示しているのです。

そのギャップを埋めるためにも車買取査定を利用し、愛車の適正価格を知ることが今や値引き交渉よりも重要な自動車購入テクニックだといえます。

値引きは何時間も交渉して1万円ですが、買取査定なら5分で10万円の差が生まれることも少なくありません。

エブリィのように値引きが期待できない車ほど、買取査定を賢く利用してお値打ちに購入できるように工夫しましょう。

使って安心!車安心jp【優良店のみの一括査定サイト】

kurumaansin

同じようにみえる車買取査定サイト。

実は参加している企業の違いで査定見積もり後の満足度が大きく変化します。

安心車.jpは日本自動車流通協会【JADRI】厳選の優良店しか参加できない安心の査定サイトです。

見積り依頼は最短1分で完了するため、手間もかかりません。

安心して高く愛車を売りたい人におすすめの買取査定サイトです!

スポンサーリンク