3度の飯よりクルマが好き!

ラパンが人気の理由は?小さくても見晴らしが良くて運転しやすい!

lapin p

外観について

ラパンは、ボックス型でありながら丸みをおびた形で、内装は部屋感覚を意識した車です。

女性をターゲットにスズキが世に送り出したラパンは、どの方向から見ても可愛らしさが伝わってくるデザインで、。「プリティ」よりも「キュート」な印象が強く、ボディカラーは落ち着いた感じの色合いが多く感じます。グレードによっては2トーンカラーも選べるので自分の好みの色を探しましょう。

オススメカラー

ラパン白黒

個人的なオススメカラーは、オーソドックスにパールホワイトかブルーイッシュブラックパール(青みがかった黒)でしょうか?実際の色を確認できない場合も多いので「この色でお願い!」と注文したのは良いものの、車を見た時に想像していた色と違ってガッカリしてしまう・・・似たような経験をした方もいる思います。

その点オーソドックスな色は良く見かけたり、想像もしやすいので色に迷ってしまった場合は冒険するよりも安全策を取るのもありでしょう。勿論、他のボディカラーも選んで損をする事の無い素晴らしい色をしています。「この色にしよう」と決めているのでしたら、自分の心の通りにして下さいね。私の言葉が、迷っているあなたへのアドバイスになれば幸いです。

室内の特徴は?

lapin in

最大の特徴は、前面のパネルにはめ込まれたカウンターの様な白木目テーブルです。これは、とても珍しいデザインで、他にも〝ナノイー〟機能搭載のフルオートエアコン、500ml紙パック飲料が収まる四角いデザインのドリンクホルダー、運転席メーターパネル(下図)は置時計のフォルムと、部屋をそのまま車内に組み込んだようなデザインになっています。

lapin drink meter

小物を置いたり収納するスペースも充実していて、その使い勝手の良さから、本当に自分の部屋に居るかのような錯覚に陥ってしまうでしょう。

ラゲージスペースも充実していて、4人乗りの状態では大きな荷物は乗せられませんが、リヤシートを倒した時にフラットな状態になる為、荷室の安定感があります。

リヤシートを倒した状態では奥行が約1200mm、横幅が900mmとコンパクトな外観に比べると意外と広く、大きな買い物をした時にも使えます。開口部の地上高が680mmに下げられているので、荷物の積み降ろしが楽なのも魅力的ですね。

快適装備として、全グレード標準装備に運転席ヒートシーター(Gグレードは4WDのみ)があり、助手席にもヒートシーターが一部グレードを除き(X、S、Lの4WD仕様のみ装備)標準装備になっていて、寒い車内で温めてくれます。

こんな装備必要なのかと思う方もいるかもしれませんが、冷え性や女性特有の痛みに悩む人とってヒートシーターは絶対に外せない!と言われるほどの装備です。冬用の快適装備だけではないのです。

試乗車や友人がラパンに乗っているのであれば、乗せて貰って試してみては如何でしょうか?

外観、室内やラゲージスペースを見るとこの車は、改めて女性をターゲットに開発された車だと分かりますね。

運転のしやすさ

現行ラパンは、先代モデルより120kgも車体の軽量化に成功しました。そのため、アクセルを踏んだ時のレスポンスが良く、走り出しのストレスを大きく感じる事はないでしょう。

車体がコンパクトでハンドルも軽く、前方視界も良好です。人気のハイトワゴンと比べると車高が低めなので走行安定性が高く、高速道路では特に車高の低さの恩恵を得ることが出来ます。

低めの車高に比べ運転席のヒップポイント(車に腰かけたときのお尻の位置)は高いので、ボンネット先端の見切りも良く、車両感覚がつかみやすいです。

メーカーオプションになりますが、全方位モニターによる前後左右の死角になる箇所を、車内のモニターに映し出してくれるので、車庫入れや狭い場所の運転が苦手な方でも運転しやすくなっています。

新車か中古(新古車含む)どちらがいいのか?

軽自動車の進歩は驚くほど早く、燃費・走行性能が格段に上がっています。(それ程に軽自動車への期待が高い)

ラパンも燃費が大幅に上がり、色々な機能が追加されています。安全装備にレーダーサポートブレーキ(自動ブレーキによって前方不注意による追突事故を軽減する)などが標準装備されています。中古を買った場合、修理をする可能性を考えると、新車の方がコストパフォーマンスは良いです。

また、現行のラパンは、2015年6月に出たばかりなので、中古車市場にはほとんど出回っていません。わずかに流通しているのは新古車です。

軽自動車は、元来値引きが厳しく(安く作り、安く売っている為)5万円前後が相場ですが、グレードやオプションによっては5万~10万円の値引きも期待できる事もあります。予算があまりないなら、焦らずじっくりと新古車を狙うのも悪くありません。我慢が出来ればですが(笑)

余談ですが色やボディスタイルで、初代・2代目を探す方も多く、中古車市場でもまだまだ人気が高いです。

最後に

もっと詳しく知りたい!と言う方は是非お店に足を運んで、自分自身の目で確認することをお勧めします。実際に目で見て、肌で感じたラパンは、あなたが思っていた以上に素晴らしい車となるでしょう。

運転もしやすく燃費も良い、もしもの時の安全装備も標準でついている。更には車の使い勝手も良いと、至れり尽くせりのラパン、あなたが想像する車の在り方を変えてくれるに違いありません。

スポンサーリンク