3度の飯よりクルマが好き!

ディーラーは他社メーカーの車も下取りしてくれる?査定額は変わるの?

下取りは同じメーカーじゃないと高くならないの?

長年乗った自分の車を買い替えたい、欲しい車を買えるほどのお金は持っていない…

そんなときは今乗っている車をディーラーに下取りをしてもらうことをオススメします!自分が欲しい車にお金があと一歩届かなくても、今乗っている車を下取りに出すことでお金が増え、そのお金を使って自分が欲しい車を買うことが可能です。

ディーラーは便利です。自分の車を売却するのと同時に購入することができます。売却予定の車でディーラーに行って、その車を売却し新しく買った車で帰ることができます。

ディーラーは下取りを行うことで、このように車を売却してその場で購入したい人にとって非常に便利な存在です。

しかし以下の2つの疑問が湧くかもしれません。

  • ディーラーと愛車のメーカーが違っても下取りしてもらえるのか?
  • 査定額が変わってしまうんじゃない?

ここではこの2つの内容についてお話ししていきたいと思います。

ディーラーは自社の車しか下取りしないの?

ディーラーへ車を見に行くと、自社で取り扱っている製品がとても優遇され置かれてるいます。なので、ディーラーが取り扱っているメーカーと自分が売りたい車のメーカーが違うと、「下取りができないのでは?」と不安になってしまうこともあります。

ですが、安心してください。自分が売りたい車のメーカーが、ディーラーが取り扱うメーカーと違っていても問題なく下取りの対応をしてくれます。

なぜ? と思ってしまう方に理由と説明すると、ディーラーはメーカーが違う車をオークションや中古屋さんを使って販売することもできるので、メーカーが違っていても関係なく下取りをしてくれます。

メーカーが違うから下取りできません、と言っていてはライバルディーラーからのお客をゲットできません。下取りは必ずしてくれるので、安心してください。

ディーラーで他社の車を依頼すると査定額に影響ある?

ですが、もちろん査定額には影響が出てきてしまいます。ディーラーとしては、自社の車を買って欲しいと思っているので、自社の車を買うことがわかっている場合の方が優遇してくれます。

自社の車に乗ってもらうように、ディーラーと同じメーカーの車のだと、他者ディーラーの査定額よりも高めになる傾向があります。

それにディーラーは取り扱いメーカーの車の相場には詳しくても、ライバルメーカーの車には疎いこともあります。

ですが、そういう傾向があるだけで、実際にはディーラーとメーカーが違っても、下取りを頑張ってくれるディーラーがほとんどです。

それに走行距離や、車の傷、車の型番などを総合的に見て査定額は変わるので、ディーラーと同じメーカーだからと言って必ず高く買取ってくれるわけではないことにも注意して下さい。

とは言え自分の車と同じメーカーのディーラーで下取りをした方が、価格交渉もしやすくなります。営業もお得意様になってくれるのですから、おまけも期待できますしね。

他社に買い換えするならディーラー下取り・買取店どっちがお得?

ここまでは、メーカーの違う車に買い換える前提でお話をしていました。ここからは、ディーラーと買取店の違いについて触れていきます。

乗っている車のメーカーを変えたい、欲しい車は今乗っているメーカーと違う、そのようなときはどこに売るのがお得なのでしょうか?

ディーラー下取り

ディーラーへ下取りをしてもらうことのメリットは、売却から納車までのあいだ車が手元にある点です。

買取店で売ってしまうと、新しい車が納車されるまで車が手元にありません。どうしても車を持っていない期間が生じてしまいます。車の生活に慣れていると、車を持っていないと日常生活が非常に不便に感じてしまいます。

もちろん買取店もそのデメリットは理解していますから、代車を用意してくれるお店がほとんどです。ですが1ヶ月以上になると他の顧客との兼ね合いから難しい部分も出てきます。

納期の長い人気車を買おうとするほど、ディーラーの下取りが有利に働くのです。

この場合買取店の査定は、下取りを引き上げるための交渉材料として利用するのがいいでしょう。

買取店

買取店のメリットは、ディーラーの下取り金額に比べてより高い金額で買い取ってくれることが多いです。車を1円でも高く売りたい人はディーラーの下取りではなく、買取店に査定依頼することをおすすめします。

また、ディーラーだと買取が不可能な車であったとしても買取店なら値段をつけてくれる点も、買取店の強みです。

ディーラーでは価格がつかなかった車でも、買取店なら値段がつくことがあるので、ボロボロの車を売却する際は買取店に持って行った方が良いでしょう。

ディーラーの下取り、買取店はそれどれにメリットデメリットがあります。少しでもお金にしたい場合は買取店、スムーズに新しい車に移行したいのならディーラーの下取りをオススメします。

まとめ:下取りが適切かは一括査定サイトで確認する

車の下取りは基本同じメーカーであることが、高額査定がつく条件の一つです。

ディーラーも勝手知ったる自社製品には高い査定額をつけやすいのは仕方がありません。

ですがディーラーが違っても、一括査定サイトを活用することで適切な買取価格がわかります。他メーカーの車で下取り査定をするのなら、必ず車一括査定の利用も利用ください。

これをするだけで買取価格が大きく変わることがあります。

査定金額は買取店によっても違うので、買取店に持っていく際は、ネットからあらかじめ査定してどれぐらいの値段が付くのか確認しておいてください。

高く買取ってもらうために、一括査定サイトを使って車の査定金額を見ておくといいでしょう。

スポンサーリンク