3度の飯よりクルマが好き!

運転が上手ければ保険料が安くなる!? テレマティクス保険って?

telematics

最近自動車保険で、テレマティクス保険が注目されているのをご存知ですか?

テレマティクスというのは新しい単語で、通信を意味する「テレコミュニケーション」と、情報工学を意味する「インフォマティクス」を組み合わせたものです。

このテレマティクスは、自動車などに搭載された情報機器から、リアルタイムに情報を取得したり発信することを意味します。

例を挙げると、最新式のカーナビが走行中の道路状況をインターネットで共有したり、メールを送受信することもテレマティクスなのです。

勿論、走行中には道路規制や渋滞状況だけではなく、アクセルやブレーキの踏み方といったドライバーの運転特性や平均走行距離などのパーソナル・データも取得することが可能です。

それらの情報を分析して保険料算定の基準にしたのが、テレマティクス保険なのです。

運転歴や年齢などを基準とした従来の自動車保険とは異なり、運転スタイルによって保険料が変動する画期的な自動車保険だといえるでしょう。

アメリカやイギリスでは既に導入が始まっていて、2020年には自動車保険の総契約件数の30%を占めると試算されています。

テレマティクス保険には2つのタイプがある

このテレマティクス保険は、従来の保険料の算定基準をさらに細分化しようとするものですが、そのタイプは2種類に分かれています。

「走行距離連動型」

走行距離連動型は英語表記で「Pay As Your Drive」。

これを略して、PAYD(ペイド)と呼ばれることもあります。

走行距離が多くなると、それに比例して事故のリスクも増えるので、走行距離が少ないクルマほど保険料を割安にしようとするものです。

このタイプはダイレクト型自動車保険では既に導入されているので、御存知の方も多いでしょう。

「運転行動連動型」

運転行動連動型はPHYD(ファイド)と呼ばれ、「Pay How Your Drive」の略称となります。

これは運転者のドライビングスタイルによって保険料率を決めるものです。

従来型の保険は、どんなに危険運転をしていても事故を起こさないかぎり保険料は年々安くなるという不公平な仕組みでもありました。

ですがテレマティクス保険は単純に事故を起こさなかった「だけ」の人ではなく、事故を起こさない用に努力しているドライバーを優遇するようにできています。

急発進や急ブレーキ、急ハンドルといった乱暴運転を控え、無用なスピードを出さない安全運転のドライバーに対して保険料を割安にするものです。

テレマティクス保険のメリット・デメリットは?

テレマティクス保険のメリット

テレマティクス保険を導入することによる一番のメリットは、安全運転を心がけるドライバーの増加が期待できること。

たとえばハイブリッド車などのエコカーに付いている燃費計を想像してください。

運転状況によって燃費の推移が表示されるので、ハンドルを握っていても自然とエコドライブを意識するようになるでしょう。

テレマティクス保険もこれと同様の効果が期待できるのです。

走り方で「保険料が安くなる」と思えば、なるべく荒っぽい運転をしないよう意識するでしょう。

この意識が交通事故の減少につながり、保険料が安くなる、そして安全運転をさらに意識する好循環が生まれます。

また走行距離を抑えるため、近場移動でクルマの利用を控える人も増えると思われるので、環境面でもプラスになるわけです。

テレマティクス保険のデメリット

テレマティクス保険を普及させるためには、加入者のクルマに情報端末を搭載する必要があります。

そのことによって、保険会社が加入者の運転情報を全て把握する形になるわけで、個人情報保護の観点からすれば何となく抵抗を感じる人もいるでしょう。

勿論、保険会社はあくまでも保険料算定のために情報を取得するわけですが、「○月○日の何時何分に自宅から出発して○○ホテルに到着した」なんて情報は、できれば第三者には知られたくないものですからね。

テレマティクス保険は、未来の自動車保険

昔から日本の自動車保険といえば「等級制度」が主流でした。

最初は6等級から始まり、無事故の年数を継続するごとに1つずつ等級が上がり、最高の20等級になれば保険料は63%の割引になるという基本システムで、さらに「21歳以下不担保」や「30歳以下不担保」などの年齢条件なども付加できました。

これはつまり、「運転歴が長く(年齢が高く)、事故をおこした回数が少ないドライバーほど保険料が安くなる」といった極めて単純明快なものだったのです。

しかし保険市場の自由化により、様々な企業が自動車保険に参入してくると、年間走行距離の少ない人やゴールド免許保有者の割引など、新しい算定基準をウリにした保険プランが次々と誕生しました。

また、加入者がインターネットなどで直接保険を申し込むという「ダイレクト型自動車保険」の登場は、代理店やセールスマンを必要としないため、従来型の自動車保険と比べて破格ともいえる保険料を可能にしました。

その流れに追随するように、大手の損保会社もダイレクト型に参入し、現在の日本の自動車保険料は、どんどんデフレの方向にシフトしています。

まとめ~テレマティクス保険は普及する?

結論から言えば、今後数年で急速に普及するのは難しいです。

なぜなら、テレマティクス保険を導入するためには、加入する自動車の全てに運転情報を記録する通信デバイスを取り付けないといけないからです。

この機器の費用をドライバーが払う保険料で賄うのなら、せっかく保険料が安くなっても相殺されてしまいます。

保険会社が負担する形をとるとしても、1年契約では元が取れないため、複数年契約を前提としたものになるでしょう。

しかし導入コストは企業努力でいずれ解消され、将来的には必ずテレマティクス保険は浸透していくのは間違いありません。

安全運転の順守と交通事故の減少に貢献する保険であることは疑いようがない事実だからです。

もし、テレマティクス機器が全てのクルマに取り付けられるような時代になれば、スピード違反による事故を完璧に防ぐことも夢ではありません。

アルコールセンサーの機能をプラスして、飲酒運転の撲滅に大きな役割を果たすといった可能性も広がります。

つまりテレマティクス保険は、これまでの「事故がおきた時のための自動車保険」ではなく、「事故がおこらないようにする自動車保険」だといえるのです。

スポンサーリンク