3度の飯よりクルマが好き!

エスティマHVのオススメオプションは?燃費はどれくらい?

エスティマ

2001年プリウスに次いで登場した、ミニバンでは初めてのハイブリッドカーで、排気量2.4Lガソリンエンジンを搭載、初代はプリウスと違い、エンジンメインの車でした。

通常走行時はエンジンのみで、高負荷時に限りモーターがアシストします。2006年のモデルチェンジでハイブリッドシステムをプリウスと同じ「THS-Ⅱ」に変更し、20094月から施行されたエコカー減税により自動車重量税と自動車取得税が100%減税になりました。

現行型は2.4Lエンジンとモーターのアシストにより低燃費且つ、力強い走りが可能になっています。

エスティマハイブリッドのオススメオプション

家族の誰もが安心して運転できるファミリーカーを考えて、パノラミックビューモニターとクリアランスソナー&バックソナーのオプションはつけたいところです。

①パノラミックビューモニター

パノラミックビューモニターは、運転席からの目線だけでは確認しにくい車両周囲の状況を、シフト操作と連動して車を真上から見下ろしたような映像としてナビゲーション画面に表示してくれるので、死角の多いミニバンには最適です。

②クリアランスソナー&バックソナー

クリアランスソナー&バックソナーは、車庫入れなどの低速運転時に障害物との接近をブザーとメーター内の表示灯で注意を促してくれるので、パノラミックビューモニターと合わせれば安全、安心感がグンと上がるでしょう。

③パワーバックドア

女性や子供に人気のパワーバックドアもおすすめしたいです。

スイッチひとつでバックドアを電動開閉できるので、お買い物などの際に、片手に荷物を持っていても積み下ろしが楽に出来ます。

室内のスイッチの他にワイヤレスリモコンでも操作が出来るのも嬉しいですね。パワーバックドアは、アエラスレザーパッケージとGグレードには標準装備されています。

気になる燃費性能をノア&ヴォクシーと比較

エスティマHVの燃費を下位互換(?)のノア&ヴォクシーと比較してみました。

 車種名  ハイブリッド仕様 ガソリン仕様
ノア&ヴォクシー 23.8Km/L 15.0Km/L

(4WD)16.0Km/L

エスティマHV  18.0Km/L  設定なし

エスティマHVの燃費が、カタログ燃費18.0Km/Lに対し、一回りコンパクトなノア&ヴォクシーの燃費はガソリン車16.0Km/L(4WD仕様は15.0Km/L)、ハイブリッド車23.8Km/Lです。数値では、ノア&ヴォクシーのハイブリッド車が圧勝ですが、そもそも車格が異なるので比較が難しいです。

車重・排気量で大きいエスティマHV(重量約400㎏、排気量約400㏄大きい)が、ガソリン仕様16.0Km/Lの燃費を超えている時点で、驚くべきことではないでしょうか?

電子レンジも繋げて災害時もあんしん

AC1AC2

エスティマHVは燃費以外に見逃せない特徴が一つあります。それは、電力供給能力を備えていること、100V/1,500Wの電源コンセントが車内に備わっていて、運転中・エンジン停車中でも使えます。

電気自動車も外部に電力供給をする能力はありますが、大きく違うのはエスティマHVでは、少しでもガソリンがあればエンジンを回すことで発電出来るところで、東日本大震災の時にも、被災地にいち早く送り込まれた車です。

エスティマHVは家族が安心して乗る事が出来て、万が一の備えにもなる素晴らしいクルマでは無いでしょうか

スポンサーリンク