3度の飯よりクルマが好き!

ハリアーとレクサスRXの違いは?女性でも乗れるSUVなのか。

ハリアー

1997年に登場した、ハリアーは高級SUVという新しいジャンルの開拓に大きく影響した存在です。

初代・2代目は、海外でレクサスブランド(北米市場向けのトヨタ高級車ブランド)『RX』として発売されました。国内では、名前をハリアーとして発売され、2代目からはハイブリッドモデルも追加されます。

2代目は、2003年から9年間のロングセラーになり、3代目からレクサスRXとは切り離され、日本国内専用モデルとして新しく誕生しました。

レクサスRXとの違い

2代目までは、国内での名前がハリアーなだけで、差はありません。しかし、2003年のレクサスブランド日本導入から大きく変わってきます。

多くの車種(アリスト、ソアラなど)がレクサスブランドに統合されるなか、ハリアーはユーザー・ディーラーからの強い要望により、2013年にロングセラーのデザインを継承しつつ、新型ハリアーとして登場しました。

RXは、レクサスブランドとして全く別の道を歩みます。

新型ハリアーは、割安感のある価格を目指して全体的にボディーサイズもコンパクトにし、エンジンもスモールダウンしてガソリン車V63.5Lと、直列4気筒・2.5Lを廃止して、直列4気筒の2Lに統一しました。

燃費は、車重を軽くすることで11Km/Lから16Km/Lに改善しました。また、エンジンのダウンサイジングによりエコ減税も獲得しています。

価格帯は、ハリアーが267万円~400万円に対してRX460万円~650万円と大きく異なります。

女性でも乗りやすいの?

元々乗り心地と快適さをSUVの性能に併せ持った車なので、運転はしやすくなっています。

個人差はあるものの、外観はSUVというドカンと大きいイメージがあるジャンルの中でも、ハリアーはミドルSUVとしてゴツゴツとし過ぎないデザインで、街中でもオシャレなシルエットをしています。

室内もそれに応じたほどよい高級感をまとい、女性にも受け入れやすい雰囲気となっています。

運転性能についても、運転席が高く視界が広いので運転しやすく、ロングドライブでも疲れません。ハンドルは軽くて取り回しが楽な設定になっているのです。

新型ハリアーでは、ステアリング、シートポジション形状を人間工学に基づき変更、最適化することで、ドライバーが楽な姿勢で運転出来るようになっています。

車庫入れなども、パノラマビューモニターやバックガイドモニター等の装備により楽に出来るので、ご主人だけしか運転出来ない車ではなく、女性でも颯爽に楽しくドライブ出来るSUVなのです

スポンサーリンク