3度の飯よりクルマが好き!

プリウスαってプリウスと何が違うの?メリットは何?

priusalpha

プリウスαは、大人気となったプリウスの派生車種で、2011年から発売されました。

特徴として5人乗りと、3列シートがある7人乗りが用意されていて、用途に合わせて選べるところです。

5人乗りにはニッケル水素電池、7人乗りにはリチウムイオン電池を使用しています。電池による燃費での性能差はありません。

リチウムイオン電池はコンパクトなので、そのために3列目のシートを確保出来ました。

2014年にはマイナーチェンジがされています。

プリウスとの違いって?

ボディサイズが一回り大きくなっています。

全長15mm、全幅30mm、高さ80mm、ホイールベース(前輪と後輪の感覚)が80mm拡大されています。

室内空間は、2列目の膝先間隔が35mm広くなり、足元も楽にゆったりと出来るようになりました。

5人乗りは快適過ぎる程に広々。7人乗りは座面が、2列目→3列目と運転席より少しずつ高くなっていくので、3列目は若干窮屈さを感じてしまうのが難点と言えるでしょう。

5人乗りは室内は広く、ラゲージスペースも確保。7人乗りは、必要な時に3列目シートが使えるので、どちらも使い勝手はバツグン!

走行性能においても、プリウスの後発車だけあって、例え車重が増加していても静粛性・滑らかな走りは健在です。

燃費に関しては、ボディサイズが大きくなり車重も約100kg重くなったので、プリウスよりは落ちてしまいます。新型プリウスの37.2km/L~40.8km/L、流石新型の圧倒感。3代目プリウスが30.4Km/Lに対して、プリウスαは26.2Km/Lです。

プリウスと比較すると見劣りする燃費ですが、この数値は決して悪くはなく、このカテゴリーではトップクラスの燃費です。

7人乗りのどこが良い所?

7人乗りは3列目のシートを倒してラゲージスペースとすれば、5人乗りと殆ど変わらなくなります。いざという時にはたくさん乗れて、普段乗らない時にはラゲージスペースを広く確保できるという優れものなのです。

普段は4~5人ぐらいで、もし大きな買い物をしてもシートを倒せば大体の物は苦も無く積み込めるでしょう。

ただし3列目シートの居住性は悪いので、常時6人以上の人をのせるなら3列目の広いクルマを選ばないと、同乗者から不満の声が上がるかもしれません。

ですが7人乗りとしてはとてもコンパクトなクルマ。今流行りのミニバンは大き過ぎて・・・といった方にもオススメの車です。

価格は、5人乗りが約248万~318万に対し、7人乗りは約283万~338万と20~35万円ほど高くなります(グレードにより差は開きます)。これは3列目のシートやオプションによって価格に違いがあります。

プリウスαはあなたのライフスタイルに合わせてくれる素晴らしい車ではないでしょうか?

スポンサーリンク