3度の飯よりクルマが好き!

プリウスPHVは車以外にコストが掛かる。補助金制度を使おう!

priusPHV

2009年に3代目プリウスをベースに開発されたのが、プリウスPHVです。

バッテリーをニッケル水素電池から、大容量のリチウムイオン電池に替えて電気自動車としての機能を充実させました。

PHVは「プラグインハイブリッド」の略称で、文字通り家庭用コンセント・専用充電器などのプラグから、バッテリーに直接充電出来ます。

モーターで走行できる距離が長くなり、EVモード(電気モーターのみでの走行)だけで26.4kmの走行が可能です。

通勤などに使う場合は、殆ど給油する必要が無いと言われるのですが、少々難点がありまして・・・

車以外にコストが掛かる

carlineup_priusphv_charge_2_03_pc

この充電できるプリウス、ハイブリッド車と電気自動車の長所を組み合わせた車といったフレーズで颯爽と登場したPHVですが、販売状況は若干伸び悩んでいます。

車の商品としての良さが伝わり切れていないこと、価格がプリウスのベースSグレードよりも60万円も高いといったこともありますが、現状購入層が限定されてしまう事も大きいです。

ハイブリッド車が電池のみでの走行をあまり考慮されていない(ガソリンエンジンの補助的役割)のに対して、PHVは充電池のみでも走行可能なところが一番の長所です。

しかし、その充電をするための充電ステーションの設置が必要となり、費用も15~30万円かかります。マンションやアパートでは、この設置が難しいです。

集合住宅NG・立体駐車場NGとなると、現状戸建住宅でないと設置が出来ません。且つ、それに伴う自宅改修もしなければなりせん。

購入には、この充電設備の設置と、住居の改修を許容出来る方となってしまいます。

最近ではマンションや駐車場にも、充電ステーションを設けている場所が増えているので、販売当初に比べると設備が充実してきていますね。

国からの補助金制度

プリウスPHVは、CEV補助金と減税(エコカー減税・自動車グリーン減税)の対象となっています。

購入する場合、エコカー減税で自動車取得税と自動車重量税が100%減税、自動車グリーン減税で翌年度自動車税が75%減税されるのです。

加えて、ハイブリッドカーにはない行政からのCEV補助金を受けられます。正式には『一般社団法人 次世代自動車振興センター』からの補助金で、受けられる車は細かく決められていて、PHVはこの次世代自動車に該当します。Sグレードの場合で最大約25万円の補助を受けられます。

これとは別に各地方自治体の補助金もあり、自治体により異なりますが、東京都で購入の場合、新車登録を受けた年度の月割分、及び翌年度から5年度分の自動車税が全額免除。

2013年にはトヨタホームからオリジナルの壁掛型充電器が発売されました。こちらも、CEVの対象機器に認定され、最大で11万円の補助が受けられます。

税制優遇や補助金制度、充電設備の充実化により、コストは目一杯抑える事が可能ですので、プリウスPHVが気になっているという方がいらっしゃるのならば、是非その目で確かめてください。きっと気に入りますよ。

スポンサーリンク