3度の飯よりクルマが好き!

中古車オークションや個人売買は安い?デメリットや注意点は?

中古車オークションや個人売買にはデメリットや注意点がいっぱい!

carauction

現在はインターネットオークションを利用する方が多くなり、ヤフーや楽天など信用できるサイト運営で多岐にわたる商品がオークション形式で売買されるようになりました。

今ではこのインターネットオークションで中古車の売買までもが行われるようになったのです。

近年は多くの中古車販売業者があり、大手も多数参入しているのでので以前と比べると状態の良い中古車を安く購入することが可能になってきました。

しかし、インターネットオークションの売買ならばさらに安く中古車が購入することが可能です。

このインターネットオークションは中古車販売業者が利用しているオークションとは全く別物で、厳密には個人売買の取引場となります。

ですから、安く購入することはできても、業者を介さないために様々な問題点が出ているのが実情です。

それを懸念してか、耳にしたことがあっても購入後のトラブルが気になって利用するのを控えている方は少なくありません。

それでも普通に購入するよりも安いと聞けば興味を惹かれずにはいられないのが人間です。

今回はこの中古車オークションと個人売買について詳しく説明しながら、そのデメリットと注意点について検証していきましょう。

中古車オークションは何故安い?

先程も申しましたが中古車オークションは

  • 業者オークション
  • 個人オークション

の2つです。

業者オークションは中古車販売業者が参加して販売目的で中古車の売買が行われます。

このオークションは参加している業者しか利用できませんので、基本的には個人が利用できるものではありません。

ですから、今回はヤフーオークションや楽天オークションなどで売買されている「個人オークション」について見ていきましょう。

仲介業者がいらない

オークションを利用した商品取引の魅力は欲しいものが通常よりも安く購入できるという点にあります。

通常の商品取引は

問屋(仕入先) → 販売店 → 消費者

という流れとなるのですが、オークションの場合には

問屋(仕入先) → 消費者

となり、仲介業者が必要ありません。

通常は仲介業者の利益が発生しますが、直接取引となればその利益がない分、安く購入できるというわけです。

価格設定が曖昧

業者の参加も少なくないので適正な価格となっている車も多いのですが、個人が販売する場合には価格設定が曖昧になっている事も少なくありません。

最近は査定見積もりサイトを利用すれば無料で査定価格を知ることもできますが、そこまでして出品する人は小数でしょう。

せいぜい中古車販売サイトで市場価格を調べる程度です。

オークションでは最低落札価格が設定できるのですが、その価格を見てみるとそれさえしていないとはっきり見受けられるものもあります。

よって、本来ならば買取専門業者に買い取ってもらった方が高値がつくような車が安い価格で購入できることも少なくないのです。

個人売買は何故安い?

ヤフーオークションや楽天オークションでの車の売買も個人売買のひとつの方法ですが、個人売買にはインターネットを介したものばかりではありません。

親戚や知人間での車の取引も個人売買にあたります。

この個人売買は昔からよく行われており、親戚から買ったとか知人の知り合いから買ったという方も少なくないでしょう。

個人売買は面識があるため、価格に融通が利き易いというメリットを生み出します。

ですから、購入費用に余裕がない際には値段交渉もしやすくなるのです。

もちろん直接取引ですから他業者に支払う経費もかからず、個人オークション同様に市場価格をベースに考えても格段に安く購入することが可能になります。

また、通常ならば業者に下取りもしくは買い取って貰う所をわざわざ売ってくれるというのですから、相手も端から売って儲けようという気はありません。

親戚ならばタダ同然で譲ってくれることもあるでしょう。

この個人売買はオークションよりもさらに安く中古車を購入することも可能なのです。

中古車オークションのデメリットと注意点をよく理解しよう!

安く中古車を購入できるという点では、個人の中古車オークションが一番秀でた購入方法と言えます。

しかし、この個人の中古車オークションにも様々なデメリットがあり、注意しておかなければならない点がいくつも存在します。

個人の中古車オークション業者を介さないため

  • 整備点検されていない現状引渡しとなる
  • 名義変更を素人間で行わなければならない
  • 返品不可の出展が多い(ノークレーム・ノーリターンが基本条件)
  • 契約に入るまで相手の素性がわからないケースもある
  • 遠方からの出展が多く現物確認ができない
  • 悪質業者が多い

等のデメリットがあります。

オークションでの中古車購入は基本的に自己責任において購入するので、納車後の問題は自分で処理しなければならなくなるのです。

購入にあたって

  • 中古車に対する高い知識と見る目が必要
  • 自分で納車後の点検整備をしなければならない
  • 名義変更など必要な申請を全て自分で行わなければならない
  • ノークレームノーリターンが多いので、納車後トラブルは覚悟しておかなければならない

これら注意事項を理解して問題をクリアできればお得な購入方法になってきますが、そうでない方の場合は販売業者から購入した方が良かったと後悔する事になります。

身近に中古車に対する知識やスキルがある人がいるならば別ですが、ただ安く買いたいと考えているだけなら、信頼性の高い販売業者から購入しましょう。

個人売買のデメリットと注意点をよく理解しよう!

全く知らない相手と個人売買する場合には、先程説明した個人の中古車オークションのデメリットと注意点がそのまま適用されます。

見知らぬ相手との個人売買を利用するには、高い知識とスキルがなければ中古車購入に失敗する可能性が大きいのです。

しかし、相手が親戚や知人の場合には少し性質が違ってきます。

この個人売買で考えられるデメリットには

  • 整備点検されていない現状引渡しとなる
  • 名義変更を素人間で行わなければならない
  • 購入後トラブルがあれば人間関係に問題が起こる可能性がある

の3点です。

業者を介さない取引となるので、名義変更等の登録に必要な手続きは全て自分で行う事になります。

方法はネットで調べることができるのですが、初めての人には簡単な作業ではありません。

また、知人間の個人売買で一番注意しなければならないのが購入後のトラブルです。

購入後に車に致命的な欠損があったとか、すぐ故障したという場合には、どちらがその費用負担すればいいのでしょうか?

人間関係がこじれることを心配して自己負担する方も多いでしょうし、実際に話し合って関係がこじれたという話も少なくありません。

そうならない為にも、購入後にトラブルがあった際にどうするのかを事前にちゃんと話し合っておくことが必要です。

おすすめのオークションはこれ!

ヤフーオークションや楽天オークション等の個人オークションは安く中古車を購入できますが、多くのデメリットも抱えています。

ですから中古車の知識やスキルのない素人の利用は避けた方が無難でしょう。

それでもオークションを利用して安く中古車を購入したいという方にオススメなのがオークション代行です。

業者オークションに一般参加はできないので、基本的には業者間での取引の場となります。

しかし、オークション代行を利用すれば業者オークションから希望の車種を探してくれるので、販売業者よりも安く購入することが出来るのです。

販売業者の店頭価格は15%くらいの儲けが加算されているのですが、代行オークションならば3~5万円くらいの手数料で済みます。

ですが、代行オークションを取り扱っている業者の中には、悪徳業者がいないわけではありません。

利用する際にはサイトなどで評判の良い所を探してから利用するようにしましょう。

安いからというだけで利用するのはNG!

オークションや個人売買は販売業者よりも確実に安く中古車を購入することができます。

尚、これらを利用して購入するには、相応の知識とスキルが必要です。

購入相手が親戚や知人ならば心配いりませんが、そうでなければ大きな危険性を伴う事となります。

素人同然の知識とスキルしかなければ、粗悪車を掴まされる可能性が高くなってくるからです。

安いに越したことはありませんが、購入した車に問題があっては何の意味もありません。

利用する際にはデメリットと注意点をよく理解して、その上でどうするかの慎重な判断をしましょう。

スポンサーリンク