3度の飯よりクルマが好き!

中古車購入の安い時期やお得に買えるタイミングはいつなの?

中古車を安く買うなら時期選びが肝心!

sakura

車はいつ買っても購入価格に大差はないとお考えの方はいませんか?

そう思っているのなら、それは大きな勘違いです。

実はある期間だけは普段は受けることのできない割引が期待出来ます。

この時期を狙って購入すれば新車・中古車関係なく割安に車を購入することができるのです。

どうせ購入するなら安くなる時期を逃す手はないですよね。

それでは今回は賢い中古車購入をするためにも、中古車を購入するのにオススメの時期についてみていきましょう。

新車が安くなる時期は中古車は高くなる?

新車の場合、ディーラーの決算月や新生活が始まる4月を控えた3月から4月初旬が一番値引きが期待できる時期となってくるのですが、中古車の場合、この時期は逆に値引きが期待できない時期となってきます。

3月はディーラーだけでなく、メーカーの決算月でもあります。

メーカーはできるだけいい決算報告を株主にしたいために、ディーラーへ販売台数目標を設定して多くの販促金を提供します。

よって、ディーラーは他の月では行わないような大きな値引きをするのです。

しかし、中古車販売業者にとってこれは全く関係ありません。

しかも中古車市場も新車と同様に4月の新生活をスタートする購入者が多くなるため繁忙期を迎えることになるため、値引きしなくても購入者が後を立たない状態となるのです。

よって中古車販売業者この時期には大きな値引きは実施しませんし、それどころか却って販売価格は高くなる傾向にあります。

できるだけ安く購入したいという方にとって、3月は一番購入を避けた方がいい時期と言えるでしょう。

販売価格が高くなる3月に中古車が売れるワケ

先ほど申しましたように3月は一年のうちで中古車の販売価格が一番高くなる時期です。

しかし、高くなるにも関わらず、3月の中古車市場は繁忙期を迎えます。

購入価格は高いのに購入者が多くなるというのはなんだか妙な話ですね。

実はこれにはちゃんとした理由があるのです。

3月は新車を販売するディーラーにとっても繁忙期となるのですが、新車の販売台数が増えるということは、それだけ多くの中古車が市場に出回ることになります。

ですからこの時期の中古車市場は欲しい中古車が見つかりやすい状態となっているわけです。

販売価格がどうこう言う前に欲しい中古車が見つからなかったのでは意味がありません。

しかし、この時期を狙えば普段では見つかりにくい車種でも、簡単に見つけることができる可能性は高くなってきます。

価格面に関しては一年で一番高くなる時期ですが、中古車を購入する側にとっては欲しい車種が見つかることの方が重要と考える人が多いと言うことですね。

中古車が一番安く買える時期は?

中古車の値引きが期待できるのは、繁忙期とは全く逆の市場で購買意欲が低くなった4月中旬からGW、ボーナスをイベントで使って懐が寂しくなった8月、1月です。

一年のうち新車、中古車に限らず車の販売会社の繁忙期となるのが3月から4月上旬、中古車を購入したい人は、この期間中に購入を済ませてしまいます。

この時期を過ぎた4月上旬からは中古車を購入しようという人は激減し、物入りとなるGWを控えた時期までは車の購買意欲が低くなってくるのです。

またボーナスを使って大きな買い物ができない9月に加え、年越し費用やお正月を迎える費用で物入りとなる1月も同様になります。

つまり、この時期も中古車販売業者にとって、中古車の販売台数が最も激減する時期となってくるです。

その対応策として実施されるのが販売価格の値引きです。

遠ざかった購入者を再び呼び戻すため、値引きを実施するわけです。

3月のように中古車市場に潤沢な台数が出回るわけではありませんから、お目当ての車種が見つからないというデメリットはありますが、価格面では大きなメリットを生むことになってくきます。

安く中古車を購入するにはまさにオススメの時期となってくるでしょう。

安い時期に中古車を購入するのは当然オススメ!

中古車を安く購入したいのならば値引きが期待できる時期を狙うのはオススメの方法と言えるでしょう。

しかし、安く購入できたからといって、それが満足のいく中古車購入であるとは言い切れません。

自分の欲しい車種をできるだけいい条件で購入できて初めて中古車購入に成功したと言えるのです。

よって、安く購入できるからといって、無理にこの時期を狙う必要はありません。

自分の納得のいく車種が見つかるまでゆっくりと出物を待って購入するのも、満足した中古車購入をするためにはオススメの方法と言えるのです。

ゆっくりと出物を待ちながら、その間に購入資金を積み立てていけば購入も楽になります。

どちらがいい方法なのかは人によって判断の違ってくるところですが、どちらを選ぶかはよく考えてから購入を決めるようにしましょう。

スポンサーリンク