3度の飯よりクルマが好き!

中古車購入時のローンの頭金はどれくらい必要?

中古車購入時のローンの頭金はどれくらいが妥当?

car-money

中古車といえども車を購入するわけですから、決して安い買い物ではありません。

ですから現金で一括購入するよりも、ローンを組んで購入する方が多いのが実情です。

しかし、ローンとなれば審査に通るかどうか、毎月の支払い額はいくらになるのかが気になりますよね?

そこで着目して欲しいのが頭金です。

ローンはこの頭金があるのとないのとでは、支払に大きな差が出てきます。

今回は賢くローンを組むためにも、頭金を用意するのとしないのとでは、どのような違いがあるのかについて詳しく見ていきましょう。

中古車購入のローン取り扱いはどこがあるの?

中古車購入の際に利用するローンは自動車ローンとかマイカーローンと呼ばれ、下記の3つに分けることができます。

  • 銀行ローン
  • ディーラー系ローン
  • 信販会社ローン

どこも審査にさえ通過すれば利用することが出来るのですが、どのローンを利用するかで支払い総額は大きく違ってきます。

ローン支払の内訳には各社が設定したローン金利に基づいた利息が含まれているからです。

ですから、いくらの金利が設定されているのかによって、支払総額は大きく変わってきます。

そこで実際にどれくらいの差が出てくるのかを実感してもらうためにも、金利が及ぼす支払総額への影響の例を見ていきましょう。

各ローンで200万円の中古車を60回の5年払いローンを組んだ場合の支払額は下記の通りです。

※賞与の支払いは無しで計算

ローン種類 金利 支払総額 利息
銀行ローン 2.97% 2,154,600円 154,600円
ディーラー系ローン 7.8% 2,421,600円 421,600円
信販会社ローン 11.0% 2,609,000円 609,000円

一番金利の安い銀行ローンと一番金利の高い信販会社ローンとでは、支払利息は4倍もの差が出ます。

購入時には販売店が勧めるローンを利用する方も多いようですが、金利はいくらなのかを確認せずに申し込むと後で後悔することにもなりかねません。

他にも簡単に借りれるローンを見つけて申し込んだ所、金利がとても高かった等と言う事もありえるので注意が必要です。

まずはかかってくる金利を確認して、金利が高いようなら自分で違うローンに申し込むことをオススメします。

中古車をフルローンで購入するメリットとデメリット

自動車ローンを組む際に頭金を用意する方もいますが、その余裕がなくフルローンにする方も少なくありません。

急な買換えが必要になった時などは頭金が用意できないこともあるので、フルローンが組めるのはローンの最大のメリットとも言えるでしょう。

しかしこのフルローンには理解しておかなければならないデメリットも存在します。

フルローンを組むことで

  • 毎月の支払い金額が高くなる
  • 金利が高く設定される
  • 審査に通りにくくなる
  • 支払い期間が長くなることもある

というデメリットが発生してくるのです。

頭金を入れればローンを組む金額が少なくて済むので、当然毎月の支払い額が安くなります。

しかし、フルローンならばローンを組む金額が大きくなるので毎月の支払い額は高くなってしまうのです。

しかも一年間に支払うローン総額は年収の30~40%というのが審査通過の条件となってくるので

  • 他にもローンを抱えている
  • 購入する中古車が高額
  • 年収が少ない

という場合には、ローン審査に通らない可能性も出てくるのです。

こういったケースではローンに通ったとしても金利は高くなるのが一般的ですから、支払総額は高くなってしまいます。

毎月の返済負担を減らすために、支払い回数を増やさなければならないことも少なくありません。

上記条件に当てはまらない方ならばフルローンを組んでも問題ないでしょうが、そうでない方の場合には頭金を用意してからのローン申し込みをオススメします。

ローン審査の通過に有利な頭金はどれくらい?

ローン審査は支払額が低いほど審査基準が下がるので、頭金を入れて支払い総額を減らした方が審査を通過する確率は高くなります。

そこでローン審査を通過するのにはどれくらいの頭金が必要になってくるのでしょうか?

一般的に自動車ローンの頭金の目安は、購入する中古車代金の20~30%だと言われています。

これは申し込むローンによっても違いますが、最大で30%くらいの頭金があれば有利にローン審査を進めることができるでしょう。

頭金を入れておけばローン審査に有利となるだけでなく、頭金分の金利負担免れるので支払い総額の削減も実現できます。

頭金は多ければ多い方が審査は有利になり、支払い総額も安くて済むからです。

20~30%とは言わず、できるだけ用意するようにしましょう。

ローン審査の通過ポイントはこれ!

中古車購入を決めてローンに申し込んだものの、なかなか審査に通らなくて苦労したという方は少なくないでしょう。

それではこのローン審査に通過するかしないかはどうやって決められているのでしょうか?

それは申し込んだ人が各ローン会社が設定している審査基準をクリアした場合です。

審査基準は各社で違ってくるのですが一般的には

  • 決まった収入がある
  • 支払うローン総額が年収の30~40%以内(50%というところもある)
  • 勤続期間が1年以上
  • 借り入れやローンの返済に問題がない

という点が審査基準とされています。

ローン会社がこれら審査基準で判断しているのは、申込者に十分な返済能力があるかどうかという点です。

ローンの場合は金銭の貸付と同様に、返済できなくなる恐れがあります。

ですから、決まった収入があることは勿論のこと、他の借り入れやローンの返済に問題がないかは重要なポイントなのです。

借り入れやローンの返済に問題があったり、収入に見合わない借り入れやローンがある方は、まず審査は通らないと考えておいた方がいいでしょう。

ローンで中古車購入をするなら頭金を準備するのが理想

審査にさえ通過できれば1円も購入資金を用意することなくフルローンが組めるので、購入者にとっては本当にメリットが高い購入手段だと言えます。

しかし、自動車ローンを利用するならばフルローンではなく、頭金を用意しておくことをオススメします。

頭金を用意すれば上述した様に

  • 審査に通りやすくなる
  • 支払総額が少なくて済む
  • 支払い期間を短縮できる

というメリットが生まれます。

できるだけ安く購入したいとお考えなら購入代金の値引きばかりにとらわれず、ローンの返済方法にも注意を払うようにしましょう。

スポンサーリンク