3度の飯よりクルマが好き!

攻めのゴルフ!快適なカーライフを実現するクルマ

ディーゼル不正があっても人気のゴルフ!

vw-emb

自動車史に残る不動の傑作車、フォルクスワーゲン・ゴルフ。ディーゼル排ガスの不正問題に揺れるワーゲングループ。日本でもその余波で売り上げが大きく下がったのは記憶に新しいですね。

しかし今でも多くのファンを持つゴルフはその逆風の中でも、多くのドライバーの心を引きつけています。ゴルフといえば、インポートカーファンは必ず袖を通すと言われる不朽の名車。

高い知名度と人気を持つこの車を見かける機会は多く、ふとその恰好良さに目を奪われた方も多いのではないでしょうか?

輸入開始40年を2015年に迎えたゴルフは多くの人にカーライフの楽しさをもたらしてきたと言っても過言ではないでしょう。

1974年に初代ゴルフが誕生して以来6度のモデルチェンジを行い、7世代目が誕生した2013年には輸入車初となる「2013-2014 日本カー・オブ・ザ・イヤー」
に選ばれるなどその人気の高さを見せつけています。

コンパクトカーの代表格としての地位を揺るぎ無いものとするゴルフの良さとは一体何なのでしょうか?

走り、曲り、止まる。三拍子揃った走行性能

ゴルフに魅力を感じる人は見た目はもちろんの事、何よりも走りの楽しさを求めている方ではないでしょうか?
常に最新の技術と品質に拘ったこの車に心奪われることは当然なのではとさえ思えてしまいます(極端すぎるかもしれませんが・・・)

パワー不足によりストレスを感じさせることのないアクセル、素直に動くステアリング、スッと止まるブレーキ、イメージ通りに走り、曲り、止まる。
走りの楽しさを追求した性能だと言えます。

妥協のない安全性能

ほぼすべての車に言える事ですが選ぶグレードによってオプションが変わってきます。
安全機能に関してもグレードによって変わってくる車種も存在するわけです。

しかしゴルフは安全性をクラスによって差別せず妥協のない安全性能を持っています。
例えゴルフのようなコンパクトカーであっても頑強なフレーム、エアバックや電子制御システムなどの
様々な機能を装備しコンパクトカーでは一歩踏み出た安全性を実現しているのです。

ライフスタイルに合わせたゴルフ選び

ゴルフには豊富なモデルが存在します。

ハッチバック、ステーションワゴン、ミニバンと自分の希望に沿ったモデルとタイプを選ぶことが可能です。
走りの楽しさを追求したスポーツモデル。退屈と言われるハイブリッドカーの名を覆した走りの完成を刺激するプラグインハイブリッドカー、

ショッピングや旅行を家族と一緒にゆったりと過ごす7人乗りのミニバン・・・
自分自身にとって必要な物を妥協することなく選ぶことが出来る車なのです。

妥協はしたくない!しかし贅沢しすぎると・・・

車両価格は260万程~最大で560万

大きな買い物になる為中途半端な妥協はしたくない!という方もいらっしゃるでしょう。

しかしオプションを着け過ぎるとビックリするお値段に。ディーラーで納得のいくオプションをつけて見積もりをとったら、オプションだけで軽く100万超えてしまいました。

妥協はしたく無いもののこの辺りは良く考えた方が良さそうです。